【追加情報あり】年に一度の「NANGA」本社セールは今週末~入場整理券ゲットしたけれど、今年は少し様子が違います

MOUNTAIN GEAR
Pocket

国産シュラフメーカー「NANGA」は滋賀県米原市に本社を持つ企業。

高品質な羽毛を使ったダウンシュラフにはアウトドアで多くの人気が集まっていますが、一般的にはまだまだ知名度は低いのかもしれません。 我が家では4本のダウンシュラフ、ダウンジャケット、ダウンのテントシューズも使っています。非常に暖かくてキャンプでも登山でも愛用しています。驚くことにナンガのダウンシュラフには「永久保証」がつけられています。それだけ品質には絶対の自信があるということですね。

年に一度のNANGA本社B品セール~今年は整理券が必要になりました

昨日はそんなNANGAの本社へ仕事帰りに高速を飛ばして訪れてみました。
滋賀県米原市、伊吹山の麓にあります。

到着した時はすでにあたりは真っ暗。就業時間も過ぎていてすでに鍵もかかっていますがチャイムを鳴らしました。

ナンガ本社セール

お目当てはこちら、「入場整理券」をいただくためでした。
(ちなみに、整理券を受け取るために名前をチェックしてもらっているので、この画像から複製しても入れません)

実はナンガ本社では年に一度だけ「B品セール」が開催されます。それは毎年12月の第一週の土日と決まっています。そう、ちょうど今週末です。
B品と言っても、自社タグが反対向きについてしまっているとか程度。言われなければ気がつかないようなものばかり。その価格は驚きの低価格なんです。
過去にはすぐ目の前の伊吹山に登った後に訪れたりもしていました。

数か月前から楽しみにしていたセール。カレンダーにも書き込んでいたのですが、たまたまナンガの社員の方と話す機会があり、「実は今年から整理券を配ることになりました」とのこと。
配布はセール直前の月曜日から。これは大変だと思い、配布開始から2日目に駆けつけてみましたが、すでに初日最終枠が数枠分しか空いていませんでした。(二日目分はまだ若干空きがありました 28日夕方時点)

ちなみに、整理券を持っていても購入できるのは決められた時間帯の1時間以内、13着(シュラフなら3つ?)までと制限がかかりました。

事前に聞いたところのよると、当日整理券を持っていなくても待ってもらって若干入場できるようにしようかと考えられてたようですが、整理券を持っていないと入場が出来ないというようにしたそうです。そうしなければいけなくなったということに、ナンガ社員の方も複雑な思いのようでしたね。

12月3日、午前9時 ナンガ本社に電話してみました。基本整理券は必要ですが、最終日の今日については、もし現地で会場の様子に余裕がありそうなら飛び込みでも入れる可能性はあるとのこと。ただし確実ではないです。

周辺近隣の地元の方への還元セール

ナンガ社員の方と色々とお話をしました。とても考えさせられました。

もともとこのセールは本社の周辺部でしかお知らせはされていません。新聞に折り込む形で知らせるのは米原市周辺だけです。年に一度、地元の方への還元セール的な意味合いから始まったのでしょうね。しかし、ナンガの知名度が上がるとともに、遠方からも訪れるようになってきたとのこと。「何で皆さん知っているんですか?」と不思議がられました。
私も名古屋からですよと言うと「マジですか!(笑)」と驚かれた後、「あーわかりました!」と正体がバレました(笑)事前に電話をしていたので。

セール直後の「転売」が問題に

地元だけの小さな単位ではなくなったことで発生した問題が「転売」だそうです。
毎年このsaleの直後から様々なネット販売サイトなどで大量のナンガ商品が出品されるそうで、その多くは転売目的で購入されたものだろうとのこと。実際これまでのセールでも朝一から並んで数十着ものダウンジャケットを買っていく客などがいたそうです。シュラフにいたってはもともと出品数が多くないところでまとめて何個も買われてしまい、セール開始後僅かな時間で無くなってしまうことも。

「転売」、当然ナンガさんとしては見過ごせないですね。
買ってもらえれば何でもいいという商売をされている企業ではないと思います。
転売目的での購入を少しでも抑制できないかということで、今年取入れたのがこの事前整理券方式ということでした。まさに苦肉の策ですね。来年以降にどうするかはまだ決まっていないものの、この転売目的の購入が続くのであればセールを続けられるかどうかわからないう状況を感じました。

お話を伺いながら、楽しみにしているセールではあるけれど、転売が続き、社員の方々が悩まされるようであればセールは中止してもいいのかなと思いました。
ナンガさんとしてはとても不本意ですよね。ナンガが好きだというお客さんや地元企業を応援したという地元の方とも交流できる年に一度の還元セール。モノづくり企業にとって、近隣の方とつながり「あの企業ってこういうものを作っているんだ」と知ってもらうのは物凄く価値あることですから。

どれだけルールを作っても転売を目的とする人達はいるのかもしれませんが、ナンガセールが続けられるよう、転売はダメだよと言いたいですね。

忙しいのにお話をしてくださった社員さん、一層ナンガが好きになりました

たまたま他に整理券を取りにこられる方もいなかったので色々とお話を聞かせていただいたナンガの社員の方に感謝です。一層ナンガブランドが好きになりました。

アパレルでは他メーカーとのコラボ商品の多いナンガですが、独自商品もこれから開発が進むのかな~楽しみです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

ピックアップ記事

関連記事一覧

ブログの読者になる

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,262人の購読者に加わりましょう