この記事を読むのにかかる時">
  • DIARY
  • 日々の出来事を徒然なるままに
  • HOME
  • blog
  • DIARY , CAMERA
  • 実質2万円台!キーボードの付いたタブレット「Lenovo IdeaPad Duet」を楽天モバイルにつなげて使いたい

実質2万円台!キーボードの付いたタブレット「Lenovo IdeaPad Duet」を楽天モバイルにつなげて使いたい

Pocket

この記事を読むのにかかる時間 2

とても長いタイトルを付けてしまいました。書こうと思っていることをタイトルにまとめる難しさ・・・面倒なので全部タイトルに載せてみました。

タイトルそのまま「Lenovo IdeaPad Duet」と楽天モバイルをルーターとして活用してキャンプでも使えるようしたい!というお話です。

WindowsでもMacでもないchromebook

Googleが開発

急に耳にすることが多くなったchromebookというワード。
WindowsでもMacでもなくGoogleが開発した「Chrome OS」という独自OSを搭載したPCの総称と言ったところでしょうか。数年前から流通していたそうですが、職場でもバタバタと購入者が増えています。約2名ですが(笑)。コロナ禍による出先でのオンライン会議などが介護の業界でも確実に広がってきており、安い、早い、設定が楽ということからここに来て一気に知名度を上げているように思います。

Lenovo IdeaPad Duet 大バーゲン中

私もLenovo IdeaPad Duetの大バーゲンに影響されて思わずポチってしまいました。

価格 ポイント 割引クーポン 実質 ストレージ
Amazon 39,800円 398pt 9,900円OFF ※2 29,502円 64GB
楽天Lenovo公式 42,636円 3408pt ※1 9,899円OFF 29,329円 128GB

※1  ポイントは条件により異なります。
※2  1月15日まで上記クーポン対象。

私は内部ストレージの差を考えて楽天のLenovo公式ショップから購入しました。その他にもビッグカメラなどで2万円代前半の爆安セールを行っていたようですが、すでに販売数を売り切って終了しています。

早い、安い、設定が楽

chromebookを一言で表すとすれば先にも述べたように「早い、安い、設定が楽」となるでしょうか。昔の牛丼のCMのようです。

このブログはアウトドアブログですからガジェットについてあーだこーだ私などが書いてもどうしようもないのですが、とにかくchromebookは立ち上げも動きも早いのです、そしてPCとして考えるとchromebookの価格の安さは尋常ではありません。さらにGoogleのアカウントを利用し、既存のPCやスマホで利用していたGmailやchromeの設定を簡単に同期出来るため、初期の設定がほんのわずかな時間で済んでしまうというのもありがたいのです。

詳しくは「chromebook」などで検索してみてください(他力本願)。

IdeaPad Duet × 楽天モバイルでどこでも繋がるタブレット&ミニPCとして期待

実は先日これまで使っていたタブレットが故障してしまいました。年末とか正月明けとかいうのは本当に計ったように物が壊れます。まるでお金を使え!とプログラムされているかのように。しかし結構死活問題だったりするので、どうしようか考えている時に頭に浮かんだのがchromebook。タブレットとしてもキャンプ地なでもミニPCとして利用出来るかと考えてLenovoのLenovo IdeaPad Duetを買い求めました。

1年間無料の楽天モバイル導入が後押し

現在iPhone2台持ちで運用しています。先日発売されたiPhone12proをdocomo(山ではやっぱり安心なので)でつないでメインとし、それまで使っていたiPhoneXSをeSIMが利用できる楽天モバイルで運用しサブ機としています。

楽天モバイルは楽天モバイル独自回線エリア内であれば1年間はギガも使い放題で利用料も無料。いつでも解約でき解約金もいらないことが最大の魅力。さらに楽天エリアを外れてもau回線につながって月5Gまで無料で使えます。登山ではログ取り専用、キャンプでもメインとしているdocomoがつながらない(例えば四徳温泉キャンプ場)場所でauはつながることもあることから、2台持ちには重さ以外にデメリットは感じていません。

楽天モバイルiPhoneでもインターネット共有可能

購入前に若干心配だったのですが、結果としては楽天モバイルで運用しているiPhoneでも問題なく「インターネット共有」出来る点もメリット。主にキャンプ場でもタブレット、PCとしてネットにつながった状態が確保できます。

アプリはGooglePlayストアからダウンロード

GooglePlayストアの無数のアプリの中から好きなものをダウンロードして利用。早速Lightroom、kindle、Zoomなどをダウンロードして活用しています。流石にLightroomで写真を一枚書き出すのには5秒~8秒程度かかかりましたが、それでも撮ったばかりの写真を大き目のディスプレイで見ながら編集出来るというのは嬉しいです。

Lightroom画面はこんな感じです。IPS液晶ディスプレイは斜めから見ても画面がよく見えますし、想像以上に綺麗で驚きます。

外部ボタン類はボリューム、電源にUSB Type-Cが1つ。USB Type-C端子は充電にも使われるため外部のハブを別途購入して利用しています。ハブをかませながら充電も出来るので利便性が高まります。ミラーレスカメラで撮った写真をSDカードで読ませてGoogleドライブへ保存しておくとバックアップにもいいかなと思います。データの保存はほぼ全てクラウド上で行うのがchromebookの特徴ですから、自宅へ帰った際にPCからすぐに確認出来るというのもありがたい。

もちろんAmazonプライムビデオもつながりますから。外でゆるキャン△なども見れますね。

タブレット、ミニPCとして

Lenovo IdeaPad DuetのサイズはiPhoneと比較するとこんな感じ。ディスプレイサイズは10.1型です。キーボードはフルサイズのものが付属しますが、ディスプレイとはマグネットで連結しており簡単に分離出来るようになっています。

付属でファブリック地の保護カバーが付いてきます。これが結構重いのですが、タブレット本体であれば450gと軽量です。

普段使うサコッシュに3台入れて持ち運ぶことは現実的ではありませんが、何か入れ物を入れて携帯できるようにしたいところ。

ということで、chromebookの中でも今激安で注目となっている「Lenovo IdeaPad Duet」をこれから家でも外でも使ってみようかなと思っているという記事でした。昼からは入れ物を物色しにヨドバシカメラにでも行ってきましょう。

 

 

どちらも決済画面で割引クーポン追加が必要です(2020年12月19日現在)。

Amazon版は内部ストレージが64GBなのでご注意を。それでも十分だと思いますが。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  1. この記事へのコメントはありません。