MSRのお玉とフライ返しがあればキャンプでカレーよそったり目玉焼きをすくう時のストレス解消!!それにコンパクト!

Pocket

キャンプでの調理。個人的にはとても楽しい時間ですが、家のようにあらゆる道具を持ち込むことは出来ません。必然的にその場にあるもので代用をするわけですが、調理器具の中には代用が効きにくい道具があることに気が付きます。

その代表として「お玉」と「フライ返し」があると思っています。

100均などでも小型軽量なものは扱われていますが、MSRのそれがとても優秀なので紹介したいと思います。

MSRとは

機能性と美しいデザイン

1969年にラリー・ペンバシーによって立ち上げられたアウトドアブランドMountain Safety Research。フィールドで必要なものを常に追求して製品を作っています。

個人的にはブランドの響きが好きです(笑)。クッカー類やテントも所有しているのですが、使い勝手の良さとともにデザインが洗練されているんですよね。少し前まではなかなか手に入れることが難しかったガス缶も最近ではよくお店で見るようになりました。

テントはエリクサー2を所有していますが、赤と白の配色が美しい上に価格も控え目なのがありがたい。居住性は高く、2.6kgと山用としては重いですが、バックパッキングキャンプなら許容範囲でしょう。

2つで1760円!お玉とフライ返しが優秀

MSRのクックウェアシリーズの充実っぷり

では本題です。テントのイメージが強い?MSRですが、ホームページを見るとクックウェアも重視していることが分かります。

MSR公式より

MSR では過去40 年以上に渡り、遠征チームからファミリーキャンパーまで全ての人から信頼される最高品質のクックウェアをつくりだしてきました。細部にこだわる作りと先進的な考えを反映したデザインは、長年ユーザーを虜にしてきました。コレクションが増え続けるクックセットを例にとってみても、グループキャンパーからファストパッカーに至る全ての人が求める収納のしやすいデザインとなっています。

同じクッカーでもソロ、デュオ、グループなどに合わせた大きさの展開とともに、アルミ、チタン、ステンレス、セラミックコーティングなど材質や加工に拘った製品が多数ラインナップされています。

このウェイポットという鍋は直火でも安心して使えるステンレス製。持ち手部分が蓋のストッパーにもなるというのが気に入っています。シンプルで美しく、そして無骨な感じがいいんですよね。

調理器具に注目

その中でも今回は調理器具・キッチンツールに注目です。

MSRキッチンツールの3つがこのストレイナー、スパチュラ、スプーン。ストレイナーは湯切りやチーズをおろすために使うようです。

使っているのはスパチュラとスプーン。フライ返しとお玉として使用しています。オートキャンプであれば重さはほとんど気にならないと思いますが、やっぱり押さえておきたいその軽量さ。

ストレイナー スパチュラ スプーン
重量 35g 21g 29g

ナイロン製で傷つけない・熱くならない

素材はナイロン66。100均などの調理器具は金属製であることが多いですが、繰り返し使ううちにクッカーを傷つけ、表面加工を剝がしてしまう恐れもありますが、MSRのキッチンツールであればその心配は無さそうです。実際5年以上使っていますがクッカーのテフロンは無事です。

持ち手部分も金属でないため熱くなることも少ないように思います。

折り畳んでコンパクトになる

折り畳むと長さは10cm程度でしょうか。

特にスパチュラ(フライ返し)はとても薄いです。

MSRお玉・フライ返し 実際に見てみる

では実際に見てみます。と言ってもとても単純なものなので(笑)。

左のスパチュラ(フライ返し)。鉄板で焼いた目玉焼きをすくい上げる時などにこれがあるとポロっと鉄板から剥がすことが出来ます。

左側は鋸刃状になっており、パンケーキを切り分けたりする時に便利だそうです。使ったことはありませんが(笑)。

 

スプーン(お玉)は先がとがった形状になっているのが特徴。鍋の底に残った食材などを効率良くすくい取れるように思います。

スプーンの内側には15、30、60、80mlの計量目盛りが刻まれています。これも・・・使ったことはありませんが、でもきっといつか役に立つはず(笑)。

金属ではありませんが強度についても不安に感じたことはありません。お玉とフライ返しという調理器具としての専用品はあるととっても便利です。各メーカーからも販売されていますが、MSRのそれは形状や価格の面でおススメ出来ます。

他のメーカーも出している

実は5年ほど前に購入するまではスプーンで代用していました。ただ、冬キャンプの定番メニューのお鍋やカレーなどをよそう時には力不足だったんですね。MSRのお玉を購入してストレスが解消したことを覚えています。

なかなか代替のきかない調理専用器具。他のメーカーも製造していますので覗いてみたいと思います。お気に入りのものを見つけるときっと幸せになれるはずです(笑)。

スノーピーク ヤエンツグ&ヤエンペタ

お馴染みスノーピークのお玉とフライ返し。Amazonではベストチョイスになっていますね。

ヤエンツグ
・サイズ:165×70×30(h)mm
・収納サイズ:90×70×25(h)mm
・重量:25g
ヤエンペタ
・サイズ:165×60×30(h)mm
・収納サイズ:90×60×25(h)mm
・重量:20g

高価なイメージのスノーピークの中では比較的良心的な価格かも。全長が非常に短くコンパクトですね。

ユニフレーム(UNIFLAME) ちびターナーブラック

燕三条の国産メーカーユニフレームのフライ返し。

【使用時サイズ】46×50×178mm
【収納時サイズ】46×50×110mm
【重量】約15g
【耐熱耐冷温度】約150℃~-20℃

MSRのフライ返しよりも6g軽いこちら。その分長さは短めです。

遠藤商事 業務用 中華お玉 小 鉄 日本製

ちょっと趣向は変わりますが、最近流行りのソロキャン、ソロ鉄鍋でチャーハンとか作るときのヘラですね。ただし鍋は鉄製に限りそう。

・サイズ:直径105×柄長340mm
・重量:240g
・素材・材質:本体/鉄 ハンドル/天然木
・原産国:日本
・容量:約150cc

焚き火を高火力にして中華鍋でチャーハンとか美味しそうです。最近無性に中華鍋を使ってみたい・・・(笑)

以上です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  1. この記事へのコメントはありません。