メルカリで出品するため、アウトドア製品専用洗剤「ALL WASH」でハードシェルを洗ってみた結果

DIARY
Pocket

いよいよ2017年も残すところ一週間となりましたね。去年もあっという間の一年だったように思いますが、今年はさらに早かったように感じます。残す一週間も家族みなが元気で過ごせるように気を付けようと思います。

みーと登った燕岳の記事後半がまだ書けていないのですが、ちょっとこちらを先に書いてみようと思います。

専門店?顧客の多さ?アウトドア用品はどこで売るといいのか

実は最近年末大掃除?ということもあり、ちょこちょこと不用品処分を行っています。

処分しているのはキャンプ・登山・カメラ・車関連用品などになります。処分と言ってももちろん捨てるわけではありません。
巷で話題の「メルカリ」とアウトドア用品の専門買取サービス「買うトドア」、同じくカメラ用品専用の買い取りサービス「マップカメラ」を使っています。

OLYMPUSのOM-D EM1markⅡを購入したこともあり、所有していた何点かのカメラをマップカメラで下取りしてもらいました。下取りの最低保証価格が機種毎に設定されているため、素人的には安心感があり、結果として思った以上に高く買っていただけました。

以前は使用しなくなったテントなどをヤフオクでたまに出品していました。
オークションなので、若干売買までに時間がかかることはいなめませんが、その分思った以上に高値になることもありますね。

そして、いま大掃除で一番利用しているのがメルカリです。
個人的には女性利用者が多く、女性の衣類系ばかりというイメージを持っていたのですが、アウトドア用品も物凄い数出品されていて意外でした。
試しに5点の商品を出品したところ、合計32400円で購入してもらいました。どれも使っていないものでしたから嬉しい誤算。

逆に、街のリサイクルショップにはあまり行かなくなりました。買取価格は低いイメージがあり、このあたりは一体どうなっていくのでしょうね。

メルカリについて少し書いておこうと思います。
「買うトドア」については現在査定を行ってもらっている最中のため後日書こうと思っています。

「早い!」わずか1時間ほどで結果が出る、「匿名」も安心感のメルカリ

メルカリによく出品されるという職場のパートさんから、「使いかけの化粧品」「落ちていたどんぐり」なども出品して人もいるということを教えてもらい興味がわきました。実際、今日もどんぐりが出品されていましたが、ハンドメイド素材などとして必要な人には欲しいものなのでしょうね。

ちょうど車の購入、積載の減量化なども重なり、ちょっとやってみようかと思ったこともありました。まずはスマホからアプリをダウンロード。

写真を撮影し、価格を設定しててすぐに「出品」。本当に簡単に出品できました、5分ぐらいでしょうか。

驚いたのはここから。早いものでは出品からわずか1分で購入されていきました。出品した5点のうち今のところ1日以上かかったものはありません。流行りというのもあると思いますが、本当に驚きました。

その後、クロネコさんやファミマなどの端末から相手先住所・名前を知らないまま発送が出来ます(こちらの住所・指名も匿名)。とても簡単に取引が出来てしまいます。

ただ、メルカリに限りませんが素人同士の売買ということへの不安は否めません。
購入された商品が手元に届き、「こんなはずじゃなかった」という思いを持たれるかもしれません。
気を付けて丁寧に付き合っていかないといけないかなと思いますね。

メルカリに出品するために、ハードシェルを洗ってみたら・・・

メルカリに出品するということは、自分が使っていたものを他の方へ引き渡すわけですから、そのままはいどうぞというわけにはいきません。出来る限りのメンテナンスが必要なのかなと思います。写真を撮るので、綺麗な方がいいに越したことはありませんしね。使えるものについてはアルコールで消毒して配送しました。

そして次に出品を予定していたのはfinetrackの「エバーブレスアルマ」。国産メーカーの冬山ハードシェルジャケットです。
3年ほど使ってきましたが、新しいものを購入することにしたので着ることがなくなりました。基本的には綺麗なものなのですが、赤ということもあり、繊維にそって黒く汚れが目立つ部分がありました。

 

 

アウトドア用品のがんこな汚れはどう洗う?

アウトドア用品は洗うのが肝心。土や脂、汗や塩分などの汚れが付着したままだと、撥水、防水、透湿性などが落ちてしまいます。ではどう洗えばいいのか?大掃除シーズンということもあり、巷では洗剤が沢山売られています。

かなり以前には水洗いのみで対応していました。一般的な洗剤に含まれている成分などにより、機能の低下が心配なためです。
しかし、水洗いだけだと汚れは十分に落ちていなかったように思います。次第に独特の匂いは取れなくなっていきました。

アウトドア製品用の専用洗剤、finetrack「ALL WASH」で洗う

finetrackからアウトドア用品の専用洗剤が発売されており、今は登山後の衣類は全てこれで洗っています。

オールウォッシュ

 

しかし、シェルジャケットについては初めて洗濯しました。

手洗いが良さそうだったので、洗面台に少しぬるめのお湯を張ります。そこへほんの少しのオールウォッシュ。

少しかき混ぜただけで水の色が・・・

随分と汚れていたものです。写真だとわかりにくいのですが、実際にはもっと濃い汚れが浮き出てきました。
丁寧に押し洗いをし、十分な水量ですすいだ後、陰干しで一日。

内部の衣類との擦れによる色移りについては全て落ちきることはありませんでしたが、外側のくすんだような汚れは綺麗に落ちました。赤の発色も戻り、まるで新品のようです。言い過ぎ?

早速写真を撮ってメルカリに出品。わずか数時間後に15,000円で購入されました。新しい場所で大事に使っていただけると嬉しいですね。

撥水力が落ちてきたら

ちなみに、オールウォッシュには撥水剤などは添加されていません。あくまでも汚れを落とすことにこだわった商品です。経年により撥水効果が落ちてきたような場合、finetrackの公式HPによると、低温(110℃~120℃)のアイロンをかけることが推奨されています。エバーブレスの商品タグにはアイロン禁止となっていますが、要領を守って行えば初期の撥水力を取り戻すことが出来るそうです。

メルカリ、ヤフオク、専門下取り・・・

今回メルカリで何点かのアウトドア用品を出品してみましたが、同時並行でアウトドア用品の専門買取である「買うトドア」にも査定をお願いしています。査定は無料ですし、納得できなければ送料無料で返送してもらえるとのことで、試しにあまり使っていないヒルバーグのスタイカなども出してみました。結果はどうなるでしょうか?査定が届いた所で公開してみたいと思っています。

以上、「初めてのメルカリ」でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

ピックアップ記事

関連記事一覧

ブログの読者になる

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,262人の購読者に加わりましょう