• DIARY
  • 日々の出来事を徒然なるままに
  • HOME
  • blog
  • DIARY
  • ヤッパリ!「カミナ」とはアレだった!ズバリ買いな気がする

ヤッパリ!「カミナ」とはアレだった!ズバリ買いな気がする

Pocket

この記事を読むのにかかる時間 < 1

国産アウトドアメーカー「finetrack」が3月に発売を予定しているという「カミナ」
そのカミナとは一体何なのんか?第一弾の発表からずっと追っかけてきましたが…

先ほど、ファイントラックからその第4報が発表され
ズバリ当初より予想していたように・・・
ファイントラック初のテント!それも4シーズン使える超軽量、耐久性に優れた山岳テントの発売であることがほぼハッキリしました(^^)
今回発表のタイトルは「日本の山岳ギア」
冒頭ズバリ、「カミナは山岳ギアです。この写真を見れば、おおよその外観が想像できるかもしれません」と書かれています。
2枚の写真とはこちら




この写真を見て想像できるのはテント以外にありえないでしょう(^^)
すでに、7デニールと15デニールという超軽量生地を日本の優れた縫製技術で縫い上げて使用することが発表されており、予想できるのはダブルウォールのテントであるということ。その骨格となり、強度を高めるために、独自技術であるダイニーマテープを使用しているということも発表されてきました。
そして今回
まずはポール
本数は2本 材質の発表は恐らく次回になるかとおもいますが、こだわりポイントとして、球体に近い形を目指したとのこと。
そのために、一本のポールに弾性の違う異径ポールを組み合わせているとのこと。恐らく底部には硬め、天頂部には柔らかめのポールを配置しているのかな?
狙いは、山岳テントに必要な耐風性、耐久性とともに、テントの立ち上がりをできるだけゆるやかにすることで、居住性の高さを実現させようとしたということだろうと思います
次にファスナー
私はこのファイントラックのファスナーに対する考え方は好きです
あえて重量が増しても耐久性を優先させたビスロンファスナーの採用
小さくYKKの文字もありますね
耐凍結性も考慮して採用したと説明がありますから、雪山での使用も前提ということになります
他にもこの写真からは、一つのファスナーに2つの引っ張り口?が付いていること〜使い勝手が格段に上がるはずです
また生地の色味も見て取れます〜強めのオレンジと濃いグレー~オレンジ色のステッチが効いています
個人的に好きな感じです(笑)
さーいよいよ次回にこのカミナのスペックが発表されるようです(^_^)
そして気になるのは価格(u_u)い 一体いくらぐらいを設定してくるのでしょうか…多少高くてもいい気がしますが、競合他社となるモンベルやアライテントと価格面で対抗するとなると、高くても2人用で5万円…ぐらい?
気になります(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. akimichi

    どうやらテントで確定みたいですね。
    わたしもFB経由で常にチェックしてましたが、かなり軽くなりそうで
    続報が楽しみです。
    こうなるとフレームの材質が気になります。
    色からすると少し前のエアライズに採用されていた
    スカンジウムかな?とも思ったり。
    コストがかかるので今はDAC社のフェザーライトに
    変わったみたいですけどね。。