星の綺麗な高原キャンプ~清里丘の公園キャンプ場  キャンプ前編

Pocket

3月の3連休は清里でキャンプと登山と観光と
キャンプ編の前編です^^

八ヶ岳の麓「清里丘の公園キャンプ場」
今にも降ってきそうな、満点の星空を見ることが出来ました
ブログランキング・にほんブログ村へ
さて、名古屋を朝出発、清里で昼食を兼ねた軽い観光を済ませた後、向かったのは今回のベースキャンプ地
初めての訪問となる「清里丘の公園オートキャンプ場」

清里駅からは車で5分ほど
清里観光の拠点としても便利そうな場所、そして八ヶ岳、南アルプスなどの登山路へのアクセス拠点にも良い感じの場所

ちなみにこちらの写真は最終日に撮影したのですが、八ヶ岳はこんな感じの距離
標高は1200mほどと言ったところですから夏場は避暑地として最適なんでしょうね~
メイン道路からわかりやすい表札を見ながら一本道を奥まで進んでいきます
左手に広い広場やパターゴルフ場、右手に温泉を眺めながら突き当たりを右へ入るとキャンプ場の入り口
管理棟が突然現れます


管理棟、受付、とても綺麗です
管理が行き届いている感じが一目でわかります

感じの良い若い管理人さんが出て来られて受付です
予約をしていなかったので少し待った後、「空いています」とのこと
この連休、キャビン、電源サイトはかなり埋まっていたのですが、非電源サイトの予約は2組のみ
もちろん予約なしの飛び込みですが「空いている」ことは分かっていました^^
こちらのキャンプ場の予約システムは少し変わっている?こんなもの?なのですが、ネット予約時にサイト番号まで指定するようになっています
親切にもサイト毎の写真や広さ、車の停めやすさや陽の当たり方など詳しく公開されているのですが、何分初めての訪問なので指定はせずに「おススメ」を管理人さんに伺うことにしました~それが一番確実です
渡された施設マップ

おススメをいくつか紹介されましたが、実はこの時期はまだクローズ状態のサイトがかなりあり、選択肢は4つほど
自由に選んでくださいとのことでしたので、料金だけ払って入場することに
料金はシーズンによりかなり差があるのですが・・・
3月はレギュラーシーズン料金で電源なしだと一泊2,060円、さらにそこから1,030円の割引の一泊1,030円(^O^)/安っ!
ただし、レギュラーシーズンのみ「人数加算金」制度があり、3歳以上は1人当たり720円×3人=2,160円
我が家の場合は一泊合計3,190円×2泊=6,380円となりました^^まあまあでしょう^^
※ちなみにハイシーズン(GWやお盆以外の夏休みなど)一泊6,200円(非電源)、トップシーズン(GW集中期とお盆など)6,700円とのこと~ちなみに1月3日まで営業とのことです
安く訪れたいなら50%割引期間となる6月、11月、12月、3月がおススメのキャンプ場です
ですが、高くても利便性の高い快適なキャンプ場だと感じます^^理由は後でまた書きます
さて車で場内を回りながらサイトを物色
電源サイトは比較的広めな場所が多いようですね~
36番も突き当りで良かったのですが、結局は80番に決定

公式より
夏場は木立で後ろのサイトは見えませんが、この時期はこんな感じ

40分ほどで完成
冬場の定番 アトラス一択です
季節的には春キャンプですが、標高も高く、気温は氷点下近くまで下がる予報でしたので、オープンタープなんかいりません(笑)
確かにタープ下で焚き火すると温かいのですが、昼間は太陽の光の方が暖かい^^;
それと、写真では分かりにくいのですが、アトラスと車を入れると我が家のタープでは大きすぎて入らない
夏場は小型の幕と大きなオープンタープというのが理想的な感じのサイトの広さです

何はともあれ「焚き火」をさせて欲しい2人、特にみぃ君^^;「たきび、たきびー」

焚き火してます(笑)
薪・松ぼっくりは拾い放題でした~ノコギリを持って行くといいと思います、子どもの遊びにもなるし一石二鳥^^

キャー煙~(笑)
前日も仕事で遅かったみーママはアトラスの中でお昼寝
さて、少しキャンプ場の中を紹介
各サイトには番号が振られており分かりやすい
自然な段差や境界が設けられているので何となくプライベート空間が保たれています

まあこの時期は人が少ないのでもちろんですが
特筆すべきはサイトの暗さでしょうか
ほぼ電灯類がありません
場所を間違えなければ(サニタリー付近)以外は夜間は真っ暗、星が綺麗に見えます

ただ、夏場になると葉が生い茂ってくるかと思いますが、テニスコートなどもあり、そこに寝そべると夜は綺麗でしょうね~

それと、全く想定外でしたが、綺麗に富士山が見えます^^
ビックリしました
施設はとても行き届いています

炊事場、トイレは場内に2か所
水は八ヶ岳の伏流水とのことで、そのまま飲めました、美味しかったです^^
トイレはとても清潔、障害者トイレも完備です


コインランドリー、コインシャワーは数は少ないですがありました

どちらも清潔な感じでしたね~
ゴミは「ゴミステーション」にのみ捨てられます
サニタリーAに隣接、Bにはありません


分別徹底

管理棟内の売店は必要最小限のみですが、まあ十分です


レンタル品も色々と~ほぼ手ぶらでもいいのかな?

薪520円 いい薪でした~火もちが結構いい
ただ、拾えます(笑)
重要情報(笑)

アルコール売ってます
そして、何と言っても売りなのが、温泉併設
それも天然温泉源泉かけ流し
「天女の湯」まで歩いて遠いサイトからでも3分ほど?今回は1分ほどでした
みぃ君と一緒に偵察です

何故かサッカーボールを持って行くとのこと

落とした落とした(笑)
天女の湯です

濁りのあるいいお湯でしたよ
内部は3階構造になっており、2階が温泉と売店、1階が温水プール、3階がレストランと休憩室
キャンプ場で割引券がもらえますが、再入場は出来ないそうです
温泉と温水プールは内部で繋がっていますから、水着を着たり脱いだりしながら一日過ごすことは出来ますね(繁忙期は時間制あり)
レストラン利用のみの場合の入場料金の有無は確認しませんでした^^;
そんな情報を入手して、サイトに戻って4人で温泉へGO^^
スキー客の方もいたのでしょうかね~それなりに混んでいましたが、ユックリ^^

この日二本目の牛乳
ポカポカ温まったままサイトにすぐ戻れるのは便利です

この日は比較的暖かかったですね~ありがたい^^
晩御飯は簡単鍋!フジカにステンダッチを乗せて材料を入れて数分待つのみ!後は白米

十分です^^

お気に入りスプーン^^

ここでようやく今日の一杯^^
時間はまだ8時ですが、みな早めの就寝~私も翌朝は4時起き予定ですが、少しだけ焚き火など



揺れる炎  綺麗ですね
そう言えば、以前に焚き火の炎が綺麗とブログで書いたら「放火魔か!」みたいなコメントをもらったことがありましたっけ(笑)
なんてことを思いながら・・・イス寝

9時過ぎ、オヤスミナサイ
静かなキャンプ場
微かな風と木々の音だけがしてきます
翌朝4時過ぎ
おはようございます
アラームで起こされて、出発の準備
トイレへと外に出ると息を飲みました

満点の星
これまで見た中でも一番の星空だったかもしれません
南アルプスの天候にも期待を膨らませながらいざ出発
登山編へ続きます

清里丘の公園キャンプ場 HPはこちら
株式会社 清里丘の公園  
 〒407−0301 山梨県北杜市高根町清里3545−5
・清里ゴルフコース 
 ☎0551−48−3456 
・アクアリゾート清里(天女の湯)
 ☎0551−48−5551 
・レストランアクア(アクア3F)
 ☎0551−48−4110
・オートキャンプ・バーベキュー場 
 ☎0551−48−2300
・パターゴルフ・ドッグラン・テニス 
 ☎0551−48−3411
・まきばレストラン 
 〒409−1501 山梨県北杜市大泉町西井出石堂8240−1 
 ☎0551−38−4600
・たかねの湯 
 〒408−0011 山梨県北杜市高根町箕輪新町95 
 ☎0551−46−2611

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

関連記事一覧

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. magugu

    こんにちは~
    ここは夏に行ったとき真っ暗でしたが、
    冬もなんですね。
    星がきれいに見えていたとは。
    見逃しました!

  2. みーパパ

    maguguさん
    夏は木々も生い茂ってまた雰囲気が変わるんでしょうね^^
    真っ暗でいいなと思ったのがこのキャンプ場の最大の印象ですね~星はここ数年で最高でしたよ^^