• HOME
  • BLOG
  • Mt.GEAR
  • 一本でiPhoneとandroidどちらも充電できる「兼用ケーブル」を使ってみた結果

一本でiPhoneとandroidどちらも充電できる「兼用ケーブル」を使ってみた結果

Pocket

一本のケーブル



iPhoneやandroidなどのスマホに代表されるように、常に充電を必要とするデジタル端末は生活に溢れている。
今時は山にもデジタル機器を持っていく
・iPhone
・充電式ヘッドライト
・ミラーレス一眼のバッテリー充電キット
などがそうだ。
iPhone以外はmicroUSB対応機器のため、それぞれに対応するケーブルを持って行かなければ使えなかった。
うっかりどちらかを忘れてしまったり、ケーブルがこんがらがったりと鬱陶しかった。
しかし、今回のこの金色のケーブルはそれらの悩みを解決してくれそうだ。
名前は「LMケーブル」
先に紹介した「ルーメナー」を扱う「KMコーポレーション」が取り扱っていたことで偶然知り、物は試しと取り寄せてみた。
この会社なかなか面白いものを扱っているなと感じている。

2017/06/02
「ルーメナー」という面白い「LEDランタン」と巡り合ったという話
LEDランタン「ルーメナー」を購入した。「LEDランタン」と言えば、キャンプではド定番のジェントスですが、このルーメナーはジェントス777を約4台購入できる…とても高い。しかし、これはいいかもしれないと思い始めている。【送料無料】GENTOS(ジェントス) エクスプローラー・プロ EX−777XP【SMTB】…


ごく簡単な発想と仕組み

先端の片側はライトニングケーブル

裏返すとMicro USBケーブル

この一本でiPhoneとMicro USB対応機器どちらの規格にも対応できるリバーシブル2in1ケーブルになっている。
しかもアタッチメント不要。
昨年の夏頃からちょこちょこ出始めていたらしいが、最近まで全く知らなかった。
これまでもケーブルの先端にそれぞれの規格のアダプターを装着するなどの商品はあった。
しかしアダプタを無くしてしまったり、接続面が弱く、折れ曲がったり破損しやすかったりと今ひとつだった。
充電を必要とするデジタル機器が生活に浸透する中で、ケーブルの破損や不具合、紛失、規格違いに悩んだことがない人は少ないのではないだろうか。私も何度もイライラしたことがある。
生活のちょっとした不便さを逆手に取り、こういうことを発想する人って面白いなと思う。

一週間使ってみた結果は

実はこの手の商品、楽天などのレビューではあまり評価が高くない。この「LMケーブル」を扱うAmazonでもレビューはない。
結論から言うと、一週間使ってみて不具合はなかった。
他の同様商品のレビューでは、ライトニング端子とMicroUSB端子の横幅の規格がそもそも違うことから、幅の広いMicroUSB機器ではガタつきが出てケーブルが脱落しやすいとされたりもしている。しかし、今回使ってみた中では特に無かった。
もちろん?ルーメナーの充電にも使うことが出来たし、自分が使っている日常の機器には全て対応した。
このLMケーブル、2.4Aの高速充電にも対応し、データ転送も行える。
実際に試してみたが、充電もデータ転送も問題なく行えた。
今の所はいいものに出会ったと思えている。
ただし、iPhoneのフォームウェアの変更などで、突如使えなくなることもなきにしもあらずと案内はされている。
しばらくは愛用することになりそうだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も読まれています

  1. くろねこ

    お!これは便利そうですね。僕も買おうかな。

  2. みーパパ

    くろねこさん
    便利ですよ〜でも製品により色々あるようですね〜今回はランタンを購入して、これはいいものだなと思ったので、その会社から買いました。評価は色々あるようですが、今のところ全く問題ありませんよ^ ^