リハビリに専念しつつ、選択の時を考える 交通事故と介護と回復の記録

Pocket

この記事を読むのにかかる時間 2

9月18日(日)事故から61日目。
選択を悩んでいる。
雨の三連休中日。
いよいよ連休明けに予定されている修学旅行のための体力作りを目的として、この週末は一時帰宅をせずに病院でリハビリに専念した。




ただ、台風16号が直撃の恐れ…このままいくと延期の可能性がかなり強いのかな( ; ; )
事故などで頭にダメージを負うと、事故後しばらくの間は「てんかん発作」が起きる可能性があると主治医より告げられている。
ある一定の期間発作が起きなければ、大丈夫だろうということだけれど、まだ受傷から2ヶ月…。
保護者が近くで待機するという条件付きで、修学旅行の参加を許可してもらったという経緯がある。
修学旅行、何とか行ければ…と願うしかないけれど、天気には勝てないな〜(._.)みーも心配そうに病院の窓から空を見上げていた。
今日もみーママとみぃ君が午前中病院でみーの応援^ ^
みぃ君はみーがどんどん元気になり、前と変わらないように感じているのか、激しく大はしゃぎ(^^)
大好きな絵本を読んでもったり、ベッドで滑り台したり(^^;将棋を邪魔したり(笑)





事故前の様子と変わらない2人の様子を見ていると、とっても嬉しい(^^)けれど、大部屋なのでね〜気をつけないとね(^^;
最近、「普通の人と変わらなくなってきたように感じる」と言うようになってきたみー。



確かに、身体面でいえば苦手だった階段の上り下りでも、手すりさえ持っていれば滑らかに出来るように^ ^
もちろん、元どおりにはなっていない。
どうしても身体に力が入りやすく、硬直がすぐに全身を走る。
脳からの命令がうまく伝わらない、身体をコントロールできない…これは時間の経過とともに回復してくるのを待つしかないのか…完全に回復しきることがあるのかどうか…何とも言えないところが本人も私たちも苦しい。
親としては不安定になりがちな気持ちを支えてあげる事ぐらいしか出来ないけれど。
修学旅行後、リハビリ病院の退院を選択するか、この間のように午前は学校に通い、午後は病院でリハビリを続ける生活を続けるか…選択の時が近づいてきていると感じている。
早く家と学校に帰り、これまで通りの生活を過ごさせてあげたいと思う反面、リハビリを通いの頻度だけにしていいのか…。後遺症となってしまうのか…。
主治医にも聞き、みーママとみー君と話し合って決めていかないといけない。正直、答えが見つからない…。とてもとても困っている。
みーが後悔しないようにしてあげたいけれど。何が正解なのかわからない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。