気持ちで身体が驚くほど変わる 交通事故と介護と回復の記録

Pocket

この記事を読むのにかかる時間 < 1

9月8日(木)事故から51日目。
気持ちの変化が身体も変える
昨日伝えられた「修学旅行」参加許可がみーの希望になったからだろうか、今日はこれまで以上に楽しそうに一日過ごし、リハビリでも身体面で劇的な変化が見えた(u_u)



「走れるようになりたい」という願いに応え、時速6.5㎞のマシンスピードに、足がもつれることなく1分45秒間走りきることが出来た。
さすがにみーもいい笑顔^ ^
とっても嬉しいね。まだマシンから離れると怖いとのことだけれど、「走れる」ということを頭が思い出し、覚えるということでは大きな一歩だった。
さらに、左手指の麻痺についても大きく改善していた。



この1週間は筋力アップに専念していた左の肩や手。特に指先のリハビリを中心にはしていなかったものの、それまで左手を上げると大きくブルブルと震えていたものが、ほぼ震えが無くなっていた。
指先で小さなペグを掴み、指定された小さな穴に素早く入れていくことが出来た。



左手の不自由さは大きな心配の一つだっただけに、この改善はみーも驚いているようだったし、良かったー(u_u)
もちろん、まだ指先が自由に動くというところまでにはなっていないものの、希望が見えた^ ^
みーは不安はありつつも、希望を感じられるからだろう、リハビリとリハビリの合間の時間にも一生懸命自主的にリハビリを続けていた。
療法士さんは、「元々の体力と、本やパズルなどじっと頭を使うことが好きだったことなど、偶然と努力が重なっていい方向に進んでいますね」と。良かった…。
夕方前にはみーママが^ ^
修学旅行の保護者説明会に参加し、仕事に戻る前にパンフレットを持ってきてくれた^ ^
持ち物や行程を見ながらワクワクしてきたようで嬉しそうなみー^ ^本当に行けることになってよかったー。
リハビリにも気持ちが今まで以上に乗る様子^ ^
そして、今日はみぃ君の夜間保育お迎え^ ^
みーの病院から保育園へハシゴ



みーも卒園した保育園。
保育士さん達もみーの様子を心配してくれる(u_u)
修学旅行に行けることになったと伝えると喜んでくれた^ ^
色々な方々にお世話になりながら、今日も一日が過ぎていく^ ^明日も頑張ろうみー、みぃ君も(u_u)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。