• DIARY
  • 日々の出来事を徒然なるままに

気付いたらGW

Pocket

この記事を読むのにかかる時間 2

昨日、ふと気になって管理画面の「検索キーワード」を覗いてみました
一番多いのはずっと「みーパパ」「ミーパパ」「みーぱぱ」~中には「妻 突然」(´・ω・`)
相変わらず登山での検索はほとんどない我がブログ(笑)情報薄いかな???そうなのでしょうね~(笑)
唯一、「カミナ」についての検索については多くなっていました~まあこれだけ書いていますからね
その一方で、キャンプ場の名称での検索が急増しているようです
春ですね
先日、こちら東海地方でも春一番が吹きました・・・雪は急速に溶けているように感じます・・・(´・ω・`)今年は雪山が・・・このまま本当に春になりそうです・・・
一方で春になれば少しずつキャンプシーズン到来、「花見キャンプ」が来たかと思うと、すぐに「GWキャンプ」、そしてお盆〜
もう春なのですねヽ(´▽`)/
花粉症のシーズンでもありますけどね^^;
2週続けてインフル家族はどこにも行けていませんから、今日はそんな春のアウトドア(主にキャンプ)について考えてみたいと思います。
先ほどの「検索キーワード」には続きがあります。
それは「○○キャンプ場 5月 気温」など、GW頃に行こうと思われているキャンプ場の気温を気にされている方が多くなっているということ。
初めて行くキャンプ場であれば予想がつかないということもありますが、そもそもキャンプが初めてとか、5月はどんな寒さ?なのかと色々と検索している方が多いのかもしれませんね~(^^)
場所にもよりますが、5月は結構寒いです^^;我が家で言うと5月のキャンプはまだまだストーブの季節です
そういう意味でも、先日のシュラフレイヤリングの記事は参考にしていただければと思います~初めてでも比較的安いスリーシーズンシュラフにフリース毛布を入れるだけでかなり対応できます。
逆に言えばスリーシーズンシュラフだけで5月の山合いのキャンプ場の夜は寒いかもしれない。
そしてもう一つ、我が家の検索キーワードでは「予約」の文字では検索せれていない(笑)
色々な方のブログを見ていて毎年後から気づくのですが、2月1日はGWキャンプの予約スタートというキャンプ場が案外多いのですね
我が家はGWキャンプでは予約を取ったことがありません
予約のいらない場所へばかり行っていました〜利点としては直前、出発の当日の天気を見て大きく場所を変更出来るという柔軟さが生まれます。
過去の経験から人気の場所も直前になると一つ二つはサイトが空いたりします
3年連続GWに出かけたのは福井県の「麻那姫湖キャンプ場」 




入口に車のゲートがあり1回くぐると500円。くぐらなければ何泊しても500円!混んだためしはありません!
広大なフリーサイト(一部指定)で直火可能。夜は真っ暗になり星もとてもよく見えますしいい場所です。川が流れていて、ビールは天然クーラーでキンキンになります〜高いですが管理棟でビール売ってます
白山、荒島岳も近いな・・・
昨年は長野県の燕岳へテント泊山行に出かけました。
山頂直下はまだ雪の上、山のテン場は予約は勿論出来ません
下にはいい温泉があるんですよね~
槍ヶ岳も近くに見ることができ、景色は絶景です^^




ただ、GWの燕岳はまだまだ雪山ですね〜気をつけないといけません。
もう一つは長いGWの前後半があった時、みーと二人で静岡県の富士山の麓の田貫湖キャンプ場へ行ったことがありました




経験したことのない猛烈な激混みでした(笑)
テントサイトは足をどこに置いたらいいのか分からないほどガイラインが交錯し、観光地でもある田貫湖には次々と大型バスが到着。通路は常に渋滞(笑)
車で一度温泉にでも出ようものなら、夕方にならないと駐車場が空かないのでキャンプ場へ戻れないという状況でした^^;仕方なく歩いて移動しましたね(笑)
ただ、GW頃の田貫湖は天候にさえ恵まれればダイヤモンド富士を見ることが出来ます^^綺麗でした



ここも予約不可のフリーサイトです
ちなみにまたまだ予約の始まっていない人気のキャンプ場はたくさんあります
東海地方の「直火可能」しばりのキャンプ場でも
岐阜の「ひるがの高原キャンプ場」(直火可能)のGW予約は4月1日8時スタート



写真は秋ですが(^^;;フリーです。ただし、サイトがそれぞれ何となく分かれているので、激混みにはなりにくいキャンプ場
「ロック・フィールドいとしろ」(直火可能)のGW含むシーズン内予約開始は3月1日スタート
釣り堀があり、楽しいキャンプ場
当時はトイレはあまり綺麗じゃなかったかな(笑)



「平湯キャンプ場」(直火可能)すでに予約開始されていますが、まだ埋まっていません。
 →ただし、GWの平湯については雪中になる可能性あり



写真は夏です
こちらもフリー
など、この地方の人気のキャンプ場でもまだまだGWの予約が始まっていない所もあります^^
直火は禁止になりましたが、上高地の河童橋付近の子梨平キャンプ場などは、上高地のバスターミナルからから歩いて行かなければいけませんが(約10分)予約なしで行けます^^




天候に恵まれれば目の前には穂高の絶景と清流梓川
ビール安く、お風呂ありの高規格です(笑)食堂もあるので食料持参しなくても大丈夫〜私が経験した中で、最も快適絶景なキャンプ場(^^;;
蝶ヶ岳までハイクもいいな…
書いていて少しGWが楽しみになってきました(^_^)
皆さんもう計画は決まってますか?我が家はまた直前に決めます(^^)(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. たいちち

    繁盛期(GW、夏休み、SW)を除くと、どこのキャンプ場も予約不要のところが多いですよね。
    一部の高規格キャンプ場は予約しないと厳しいようですが。
    土曜日の朝起きて、天気がいいからキャンプ行っちゃおうーって、出かけてみたいものです。
    (子供や妻の都合があるので、なかなか)

  2. NoBu

    始めてコメントさせていただきます。
    前に、ブログにコメント頂いてありがとうございました。
    田貫湖の富士山の写真とても綺麗ですね!
    田貫湖って高校生の時(13年前)に友達と遊びに言った事を覚えていますが、その時はテントよりカメラマンの方が多かった記憶がありますが、そんなに人気なんですね(*_*)
    みーパパさんのブログはギアの記事が多いので参考にさせてもらっています!
    読者登録もさせてもらいましたので、またお邪魔します!