• HOME
  • BLOG
  • CAMP , CAMP GEAR
  • キャンプオンパレード「ウォールナットフォールディングチェア」故障~人気のカーミット風チェアの故障修理にはこれを用意しておくといい

キャンプオンパレード「ウォールナットフォールディングチェア」故障~人気のカーミット風チェアの故障修理にはこれを用意しておくといい

Pocket

GW後半で行った長野県戸隠イースタンキャンプ場。

初日の夕方、おもむろにチェアに座ろうとすると、何だかグラグラとして違和感が。「ん?」と思い、良く見てみると、何とメインギミックの一つの部品が欠落し分解寸前。

その瞬間、「ウォールナットフォールディングチェア、お前もか」と叫んだとか叫ばなかったとか・・・。

ハイランダー「ウッドフレームチェア」やキャンプオンパレード「ウォールナットフォールディングチェア」など、人気のカーミット風チェアがキャンプ場で故障してしまったら・・・。ということで、故障した際にもすぐに修理できるよう、経験上用意しておくと便利な部品・道具三つを書き記しておきます。今後この手のチェア購入予定の方がいましたら参考にしてください。

カーミットチェア、カーミット風チェアはよく故障する?

人気の「カーミットチェア」と「カーミット風チェア」は今やオートキャンプでは本当によく見るようになりました。

使っている人同士であまり話したことはないのでわからないのですが、カーミットって、よく壊れますよね??私の個人的見解ですが、そう思っています。その独特のギミックと、木と金属の融合ということからも、本来故障しやすいのかもしれません。もともと体重がずっとかかり続けるという宿命ですしね。

結論!しょっちゅう故障するのは事実、事前に万全の準備を

大事な部品が外れることは日常茶飯事。その都度落ちた部品を探し出し、ハンマーで叩き入れたりして応急処置をしてきました。今回は「偽」カーミットチェアという位置づけになるかもしれませんが、価格は本家カーミットよりも高価となった、キャンプオンパレードの「ウォールナットフォールディングチェア」が使用1年未満でしたが初めて故障。参りました。

翌朝、キャンプ場から数十分走った先にあるホームセンター「コメリ」にて代替部品を購入し修理はしました。

では、これらのチェア修理に必要だと思った物をあげていきます。この手のチェアは道具・部品を持っているかいないかで随分対応が変わってきますので、下に上げたようなものは常に保有しておくといいと思います。よく故障することは事実なのだろうと、使っていて実感していますので。

①「6mmナイロンロックナット」

今回部品が欠落したのは、このチェアの折り畳みギミックの中でも一つのメインとなる部分でした。

ウォールナットフォールディングチェア

写真左下部分にある金属部分のナットの一つが外れました(写真は修理後)。

(写真は修理後)飛び出しているナットの先端部分が外れました

この部分は部品こそ若干違うものの、本家カーミットチェアでもほぼ同じ作りになっています。今回の欠落部品である先端のナットが外れてしまうと、チェアとしての役割が発揮できなくなってグラグラになってしまうという部分。欠落したナットが見つかれば良かったのですが、なかなか見つかるものではありません。

グラグラになったままで使っていると、元々がフレームの大半は木材ですから、ボキッと折れたら大変と思い、翌朝までは使用出来ない状態でした。

翌朝急遽ホームセンターで購入したのは、6mmのナイロンナット。ナイロンが埋め込まれ、ゆるみ止め防止の効果があります。ごく低価格のものですが、持っておくと何かと便利ですので、キャンプ道具の隅に忍ばせておくといいと思います。

②プラスドライバー付きビクトリノックス

いたる部分がドライバーで固定される・・・経年でゆるむ

これもよく起きています。各部品をネジでとめてありますが、定期的にドライバーで締めておかないと、ゆるゆるになっていることが何度もありました。

10徳ツールとして有名なビクトリノックスのプラスドライバーが付いているタイプを一つ持っているかいないかで対応力が随分違います。

③瞬間接着剤

この部分がよく壊れるのは本家カーミットの十八番のようなもの。座面の張りを支えるために、左右に渡された木製のポールを座面に固定するための金属の棒。これがよく抜けます。拾ってはハンマーで固定するのですが、もし見つからなかったりすると一大事です。瞬間接着剤を準備しておき、外れてしまったら接着剤で固定してしまうというのが一番確実です。いざ外れてしまった際、金属の部品は代替しにくいので、接着剤は常に持っておくといいと思います。ちなみに、瞬間接着剤はテントに空いてしまった小さな穴を塞ぐのにも使えます。

使用後のアフターケアを怠らず、愛着を持って長く大事に使えるよう

オートキャンプでのチェアはとても大事な道具の一つとなっています。カーミットにしろウォールナットフォールディングにしろ、それなりの価格がするものですし、大事に使えば長く長く使い続けられるものだろうと思います。今回のことを契機に、仕舞う際に部品の欠落はないか、ナットやネジの緩みはないかなど、丁寧に点検してから片付けることを心掛けるようにしようと思っています。

それにしてもこちらは安い。やりますねーナチュラムさん。ただ、対荷重が80kgというのは強度の点で少し不安がありますね。こちらも修理が必要になる機会が出てくるかもしれませんね。

ところで、昨夜はFIFAワールドカップロシア大会の日本初戦。コロンビアに勝ちましたね。そしてセネガルも勝利。

大方の予想に反する結果だったと思いますが、あまりサッカーに詳しくない私が見ていても、この大番狂わせは面白かったですね。今後の試合も楽しみです。

みーも一緒に見ていましたが、事故前までサッカー部だった彼も、少なからず刺激を受けていたようです。そんなみーが最近新しいことを始めました。また機会を見て書いてみようと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。