• DIARY
  • 日々の出来事を徒然なるままに
  • HOME
  • blog
  • DIARY
  • アウトドア的なインドア週末日記〜ゆっくりと螺旋の成長

アウトドア的なインドア週末日記〜ゆっくりと螺旋の成長

Pocket

この記事を読むのにかかる時間 3


子どもの涙ってなんであんなにポロポロ落ちるんだろう^^まるで漫画のよう
1人で乗りたかったトーマス電車、頑張ってみたけどまだ少し心が追いついていなかったようで・・・
また今度ね^^
子どもと一緒に電車と山の週末日記
ブログランキング・にほんブログ村へ
この週末はアウトドア的なインドア生活
みーママは4月から激烈に忙しい部署への異動が決まり、すでに全国各地への出張三昧・・・この週末も東京へ出張でした
お疲れ様ですm(_ _)m我が家の家計はほぼ彼女で成り立っているようなものです^^;
そんな週末、父子でキャンプにでも出かけても良かったのですが、ちょっと趣向を変えた二日間を過ごしてみることにしました
まず初日の土曜日は名古屋港で開催されていた「鉄道フェスティバル」へゴー
我が家からだと約30分~ポートメッセ名古屋という展示場では小さな子ども向けの鉄道イベントが開かれていました
行ってみる?と聞くと次男みぃ君は本物のSLに乗れると思って行く気マンマン~本物は来ないんだけどね^^;
この春から6年生になるみーはさすがに行かない(笑)
ということで二人で行ってきました

おばあちゃんお手製の手作りリュックサックを背負って「はやくはやく~」

結構広い~


おっSLだ!
まだ緊張している表情、そして、大きなSLはいないの??と戸惑いの表情も(笑)

小学生以下は入場無料、2歳のみぃ君は各乗り物の乗車も無料ということで、大人1200円の入場券と2000円分の乗り物券を購入し、さあ出発~

SL型のトロッコ鉄道が一番のお気に入り
4回乗りました^^;

乗ってしまうとあまり格好良さがわからなくなるのですが、それでも子どもは乗りたいのですよね~こういうの^^動くのが不思議なのかな?
子どもの目線は不思議です

大人気だったのは機関車トーマス

こちらは一回400円と最も高額(笑)さすがですトーマス

長蛇の列を頑張って並び、何と先頭に乗れるタイミングが回ってきました~
「1人で乗れる?」と聞くと「うん^^」とのこと

ちょっと不安そうですが、一人で並びます

頑張って1人で乗りましたが・・・

いざ動き出そうとすると「エーン」「パパー」
大きな声で何も気にせずにこうやって泣けるってとっても幸せなことです^^
運転手のお姉さんも優しくて、急遽一緒に乗せてもらうことに~もちろん追加で400円ヽ(´▽`)/(笑)

ポロポロ

最後まで笑顔は戻りませんでしたが、降りた途端に「トーマスのったもねー」^^
こちらは石炭燃料のSLかな?


こちらも大人気のドクターイエロー

SLと比べるとオモチャみたい^^;やっぱりSLがカッコいいかな~
お昼ご飯は会場内で売っていたドクターイエロー弁当


中味も黄色っぽい^^

美味しかったらしい^^

色々乗ったのですが、結局みぃ君が一番気に入ったのはこちら
踏切
SLが通ると点滅しながらカンカン鳴ります

「くるかくるかくるかー」「ふみきりすきだもねー^^」を何度も何度も^^;
結構楽しむことができて、お土産にSLのDVDとオモチャを購入して帰宅~

当然ながら帰りは爆睡でした(笑)
翌日、日曜日はみーと二人で山へ
と言っても映画の世界
「エヴェレスト 神々の山嶺」
原作を読んでいたみーは観る前から「怖いなー」とのこと
今は「孤高の人」を読み込んでいるみー
山岳小説にハマっているようです
冒険への憧れみたいなものが生まれていているのでしょうね~親離れが少しずつ近づいていることを感じたりします
映画館は何か舞台挨拶があるらしく長蛇の列
しかし神々の山嶺はポップもなし^^;ん~ポップ系はほとんど「ちはやふる」 扱いが違いすぎる^^;(笑)
グッズコーナーでも唯一原作本が並ぶのみ・・・



入りは4割程度でした



まだ公開中ですから内容は控えますが
長大な原作のエッセンスを2時間でまとめるのは中々大変だっただろうなと
3部作ぐらいで見たかったというのが本音ですが、そんな映画作りはそれこそ「ちはやふる」みたいにしか出来ないのでしょうね・・・
あっちなみに「ちはやふる」も観てみたいのですけどね(笑)原作は知りませんが
みーの感想は「やっぱり怖かった!」とのこと
でも面白かったみたいですね^^
そんなこんなな週末日記でした
さあ週末は父子で出かけようかな~^^天気どうかな?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。