「元気にしていますか?」と嬉しい連絡。介護休暇がなかったら…。交通事故と介護と回復の記録

Pocket

この記事を読むのにかかる時間 2

9月9日(金)事故から52日目。
今日は嬉しい連絡を受け取った。
事故で救急搬送され、みーが約41日間過ごした病院から、現在のリハビリ病院退院後にも、高次脳機能障害についてのリハビリで通院できるようにしましょうという連絡だった。
基本的には通院のリハビリを取らない病院とは聞いていたが、療法士さん達にもみーの記憶が残っていたのか、ありがたくも受けていただけることになった。
「元気にしていますか?」とよくしていただいた療法士さんからのメッセージにみーもとても嬉しそうにしていた^ ^
現在の病院もだが、いい方々に巡り合うことが出来て感謝してもしきれない。
あらためてみーとは「元気になることが1番の恩返しだよね」と話し合った。
そんなみーは今日も汗だくになりながら懸命にリハビリに取り組んでいた。



一度麻痺した左手と左足は緊張により筋肉が硬くなりやすくなっている。
今後も生涯マッサージを欠かすことが出来ないだろうということだが、このマッサージが実はとても痛いらしい…(u_u)しかし、これがないと足も手も滑らかに動かない。
痛いけれども笑顔で耐える^_^;



お手玉を火挟で掴む^ ^実はとっても難しいらしい



左足を軸足にしてお手玉をバットで打つリハビリはとても気に入っていた。汗が周りに飛び散りながら懸命に取り組んでいた。
言語のリハビリでは、4年生の国語の読解問題に取り組む。悩み、書き直しながら、制限時間内で100点を取ることが出来た!何と問題は剱岳のガイドさんと山の安全について(笑)
みーはニヤッとしていた。今年、事故さえなければ一緒に登りたい山だった…。
握力と左足のツッパリが取れてくれたら、いつか一緒に登りたいなと頑張るみーの姿を見つめていた。
徐々に秋の空気を感じ始めた夕暮れ前、近くの公園で理学のリハビリに取り組んだ。
今日は驚くほどよく走り、ボールを蹴ることが出来た。




前向きにジョギング程度のスピードで走ることは、随分怖がらずに出来るようになってきた。
ただ、サッカーやドッチボールなどでもある、後ろ向きに下がる動きが出来ない。足を後ろに下げようと思うともつれてしまう。
それでも療法士さんもビックリするほどの回復。本当にビックリするが、とにかく嬉しい^ ^みーなら後遺障害なく回復してくれそうな気がしてくる…。
事故から今日で52日目。
職場には無理をいい休みを取らせてもらっている。中にはこのブログを読んでいただいている同僚もいる。
ただでさえ人手不足で忙しい時期なのに、本当に申し訳ない。
職場には93日間の介護休暇制度があり、その利用をお願いしている。
子どもの介護で利用することになるとは全く思っていなかったが、人生は何があるかわからないと今回のことを通じて痛感した。制度がありありがたかった(u_u)
今後、復学、退院という流れになってくるが、症状の固定、評価はまだかなり先の事になりそう。脳神経外科への通院、リハビリ通院も平日になる。
仕事との調整をしないといけないが、受傷から数ヶ月が大事とのこと。もう少し…。
夜、みーは指先と脳への刺激として折り鶴を作っている。
かなり綺麗に作れるようになってきた^ ^



頑張れみー^ ^明日はリハビリ後に一時帰宅^ ^
さあ修学旅行の準備もしよう。あと11日。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。