安心できること。交通事故の記録

Pocket

この記事を読むのにかかる時間 2

久しぶりに外出した先は、名古屋市東区にある日本茶専門店「茶縁」。
古い商店街の中にそのお店はあり、20席程度の小さなお店ながら、最近はテレビや雑誌でもよく取り上げられて常に行列の出来るお店。
行列が出来るようになってからはあまり足を運ばなくなっていたのだけれど、オープン当初にはまだ小さかったみーを連れてよく3人で来ていた。
みーは記憶に所々穴があり、特に言葉が思うように出てこないのだなと感じる瞬間がある。高次脳機能障害の影響だろうと思われるが、決め手となる治療法やリハビリ手段はないとも言われている。
たた、過去に経験したことをしてみること、場所に行ってみること、写真を見て会話をすることなどは記憶の呼び戻しや、記憶の呼び戻しの速度を速める効果が期待できるかもしれないと療法士の方などにもアドバイスをいただいている。
今日は午前中仕事だったみーママを3人で迎えに行き、「茶縁に行ってみる?」とのみーママの言葉に乗って向かってみることにした。久しぶりに美味しい抹茶も味わいたいし(^^)
到着すると、いつも停められない駐車場がこの日に限って空いている。
店内に入ると、席は若い女性客で満席だけれども、すぐに空きが出そうな様子。
しばらく待つと、屋外の席に案内された。



この席は、以前夏場にみーと2人で来た時に蚊に刺されまくった因縁の席(笑)
みーはしっかり覚えていた^ ^
彼がいつも注文するのは「わらび餅」。もう季節的には終わりかけだけれど、運良くまだメニューに載っていた。
最近ハマっているというほうじ茶と一緒に注文。
他にも、秋のパフェや抹茶プリン、抹茶ラテ、みぃ君にはバニラのアイス^ ^
指遊びをしながら待つことしばし…みぃ君が神妙な面持ちで待っている(笑)そう言えば、みぃ君は初めての来店かもしれない。



以前は暇があれば通っていただけに、会員カードは最高ランクのゴールドカードになっていて、裏メニューや各人一品ずつのおまけ、さらに会計で5%オフとなるのだけれど、そうか…みぃ君はまだ来ていなかったか^^;申し訳ない。
運ばれた品々はどれも美味しそう(^^)





みーはあっという間にわらび餅を完食してしまった^ ^みーママま美味しそうに秋パフェを食べている。少しもらったけれど、栗の餡がとても美味しい。
私は仕事柄抹茶プリンを研究がてらいただいた。抹茶ソースが別に添えられているけれど、ソースなしでもぷるんとしていて美味しい。ただ、ゼラチンで固めているのかな?という気がした。
美味しいけれど。



1時間ほどゆっくりして家に戻ったのだけれど、みーは終始楽しそうにしていた。
「記憶がある、ちゃんとわかる」という安心感を感じられたからだろうかと思う。
失われた記憶を様々な刺激を与えることで引き出そうとする作業は、本人にとってはとても怖いことなのかもしれない。
周りはわかっていて欲しい、思い出せるだろうかと当然期待をしてしまう。
みーはその期待を感じながら、わからない、うまく出来ないかもしれないとの不安を感じながら毎日を送っているのかもしれない。
時には恐怖かもしれない。
安心出来ること、ホッと出来ることが大事なのかもしれない。
難しい課題に向き合い続けていると、やっぱり疲れてしまうから、息抜きの安心感が必要だよね。
まだ3ヶ月。
大丈夫、まだまだみーの身体は成長途上。
明日はまた名古屋医療センターへ。MRIの撮影などが待っている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。