不思議と穏やかな一日 交通事故と介護と回復の記録

Pocket

この記事を読むのにかかる時間 < 1

9月28日(水)事故から71日目。
今日は穏やかな一日だった。



夕方、宿題に取り組みながら三食団子を食べるみー。
この入院中に食べられるようになった(笑)
昨日の「登山力を取り戻す」理学のリハビリで、一つ自信をつけたからだろうか、午後からの理学では昨日と同じメニューに余裕を持って取り組むことができているようだった。
俊敏な身体の動作を頭に覚えさせるため、足を揃えて前後左右に小さなジャンプを繰り返す。
毎日行なっているが、必ず最初は足を突っ張ったまま飛んでしまう。膝をバネのように使えるように何度も飛んで身体に覚えさせる練習を続ける。
午前中、学校の授業を終えてから、休みなく5時までトレーニングが続く。
終わってからも自転車こぎとマシーンを使って持久力と筋力アップの自主トレ。
汗びっしょりになりながら頑張った^ ^
「汗が気持ちいい」とみー。汗かくこと大好きだったもんね〜



大粒の汗を拭うみーに、よく頑張ったねと話すと、「だって早く家に帰りたいから^ ^!足が動けば山にも行けるし」と。
みーには希望があるから頑張れるんだよね。
今日の小学校は「一日授業参観」だった。
どの時間帯でも保護者の参観が許される。先生が背広を着ていたり、低学年の子ども達がいつも以上に嬉しそうにはしゃいでいたりと、普段の学校と少し様子が違う^ ^
いつものように授業の様子を見学する。前回の漢字テストの結果が配られるとあまりよろしくない^^;漢字の記憶がかなり薄れてきていることを感じるが、毎日付き合って練習していると、少しずつ良くなってきていることは感じているから然程焦らない。
今日も漢字テストがあった。「今日は100点が期待できる!」とみー。本当かな?(笑)結果が楽しみ^^;
休み時間、修学旅行の写真が張り出されたので見学する。
皆んなと一緒に楽しそうに写っている^ ^何人かの方からも行けてよかったねと声をかけられる。写真の中のみーは事故前と何も変わらない^ ^
ふと渡り廊下から休み時間に校庭で遊ぶ子ども達を眺める。
キビキビと足を動かして駆け回る子ども達。足をクロスさせながら動き回ったり、飛び回ったり。
事故前にはみーもこんな風に動き回っていたんだろうなと、羨ましく眩しく眺める。
いつかみーも意識せずに身体を自由に動かせるようになるといいな〜^ ^
でも、みーなら出来るようになるような気がしている。根拠はないけれど、何だかそう思えるようになってきた。
そのためにも学校が一番のリハビリの場だなと改めて感じる。
名古屋医療の主治医の先生の言葉の意味がいまようやくわかる。
「子どもは学校でただ座っているだけでも、行っている間に良くなったりするからね」
そんなことあるの?と当時は信じられなかったけれど、友達の中にいる時のみーは本当に楽しそう。
通院でリハビリが出来る近所のいい病院が早く見つかるといいな…。
よく雨が降る。
給食を食べて病院へ向かう。
左手で傘を持つも、手がダランと。



それでも頑張ってリハビリ^ ^
ほとんどさせずに慣れちゃったけど、楽しかったね^ ^
今朝は雨だったのでみぃ君を保育園へ。
まざ病院へみぃ君も車に乗って向かい、その後学校、保育園へ。



何とか間に合う!みぃ君は朝からみーに会えて嬉しそう^ ^ニコニコ(笑)
「またキャンプいきたいな〜」が口癖。
お喋りがとっても上手になってきた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。