みんなと食べる給食は笑顔がいっぱい 交通事故と介護と回復の記録

Pocket

この記事を読むのにかかる時間 < 1

9月15日(木)事故から58日目。
今日のみーの1番の感想
「みんなと食べる給食が楽しかった!」



今日の給食のメニューは名古屋メシメニュー^ ^
ビニール袋に入ったうどん(ソフト麺)に甘辛の中華風のあんかけ、ごぼうの揚げ物、牛乳。
何ともスゴイメニューだけれど、4時間目の終わりあたりから子ども達はソワソワ^ ^
チャイムが鳴るとワーっと一斉に準備開始。それぞれが机を動かし、白衣を着た給食当番は牛乳を運んだり、食缶を載せたカートを運んできたり。
ほどなくして「給食大臣」の掛け声に合わせて皆んなで「いただきます^ ^」。
あっちでもこっちでも笑顔が溢れ、とても賑やかに楽しそうな、そして何とも幸せそうな風景^ ^
そんな中、久しぶりの給食になったみーもニコニコ笑顔でおしゃべりをしながら楽しそう^ ^家では絶対に嫌と言って食べないようなメニューも完食(笑)給食マジック。
そういえば、小学校に入ってから給食の風景を見学するのは初めてかな。
学校に通い始めて4日目、当初どうしても緊張していたみーだけれど、今日は自然な笑顔がこぼれ、ようやく慣れてきたのかなと思えた。
「書写」の授業もあった。
私の頃は「書道」だったな〜。名称は変わっても、墨汁の香りが教室いつぱいに広がり、半紙が擦れる音だけが聞こえるあの独特のピンと静まった教室の雰囲気。昔と何も変わっていなかった。
書き終わり、隣や後ろの友達達とヒソヒソ「どれ提出する、どっちがいい?」と話している風のみーの笑顔もとても楽しそうだった。
何だか自然な笑顔が急に戻ってきたな…。
ただ、書道の荷物は重すぎて、まだ1人では持てそうにないな。
子どもの笑顔は本当に嬉しい^ ^
振り返ると、1ヶ月前は一時帰宅の許可が出て、ようやく半日だけ家に帰れた頃。
みーはその頃ほとんど表情に変化がなく、本当に時折ふふっと微笑む程度だった。
あれから1ヶ月後、今日は以前と変わらないような笑顔が戻ってきてくれたように思った^ ^
やっぱり学校いいな、友達と一緒にいれるっていいな〜笑顔のみーと声を沢山かけてくれる友達達の姿を眺めながら、そんな思いを強くした一日。
昼過ぎから病院へ帰り、夕方までぶっ続けでリハビリ。
理学では体重の3倍を超える110㎏のウェイトを足で押す事が出来て、療法士さんも私もビックリ。




手も足も頭もフルに動かして、みーは今日も汗ビッショリ^ ^よく、本当によく頑張りました。
その後から学校の宿題〜消灯の後はヘッドライトを点けて頑張るみー。



前のようにパッパッとは出来ないかもしれないけれど、頑張る姿は変わらないな(u_u)
あなたは本当に…。
生まれて来てくれてあらためてありがとうと、出産の日の写真を一緒に見ながら伝え、病院を後にした。
修学旅行までわずか。どうか台風こないで欲しい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。