• HOME
  • BLOG
  • DIARY
  • 愛知県西尾市の吉田海岸でシーズン最後の潮干狩りを楽しんできました

愛知県西尾市の吉田海岸でシーズン最後の潮干狩りを楽しんできました

Pocket

2018年6月16日、土日ともに晴れ間が広がりそうな週末土曜日。山へ・・・とも思いましたが、愛知県内の潮干狩りも6月末まで、この土日は干潮が昼時と重なるという絶好の潮干狩り好適日ということを偶然知り、潮干狩り初めてのみぃ君とともにお出かけしてきました。

吉田海岸 潮干狩り場

向かったのは愛知県西尾市の吉田海岸潮干狩り場。こちら、三河湾国定公園内に位置し、遠浅の浜辺が広大に広がるという絶好の潮干狩りスポット。と言っても初めて訪れたのですが、実は今シーズンの潮干狩りは6月17日ということで、潮干狩り客はごく少なく、一日ノンビリと浜辺で遊ぶことが出来ました。

この日の干潮は13時45分だったので、3時間前に到着。海岸沿いの堤防に車を進め、地元漁協の方に料金を支払いました。吉田海岸潮干狩り場では小学生以上は2kgまで800円、大人は4kgまで1500円。みぃ君は4歳なので無料!ありがたい。採った貝を入れるものは持参が必要です。

今回は急遽だったので、みぃ君のおもちゃ箱に使っていたバッカンを使いました。前日、押し入れから引っ張り出してきた熊手も持って、いざ出発!

実は海が初めてのみぃ君・・・でもすぐに楽しくなりますよね

あれ??何だか不安そうな表情。よく考えたら、海はほぼ初めて。毎年1月に志摩オートキャンプ場の目の前の浜には行くものの、さすがに1月の海だけに本格的に遊ぶ訳ではなく、今回が海遊びは初めてだったかもしれません。

恐る恐る海に入るものの、貝や水の中をユラユラする海藻が怖くてなかなか先へ進めないみぃ君。

沖合まで行かないとアサリはいないよーと手を取って行くものの、半分泣きそうに。初めは誰でも怖いかもしれませんね。

それでも、徐々に慣れてきて・・・

 

 

やった~!カニ捕まえた!(笑)潮干狩りもそこそこに、海の生き物探しに熱中するみぃ君。まあそんなもんですよね(笑)これが小学生になって800円がかかっていたりすると「頑張って!あさり採って」と言うところですが、無料だし、楽しんでくれたら一番です。

結局、みぃ君は熊手を持ってアサリを20個ほど、他に、カニ10匹、はぜ1匹、変わった貝をいっぱい採って満足(笑)最後の方は全身ビショビショになって遊んでいましたね。

吉田海岸潮干狩り場、思った以上にアサリも採れていましたよ

ここ数年、愛知県内のアサリの生育状況が良くないということで、各地の潮干狩り場がオープン出来ずにいるようです。この日も静岡から来た方と話をしたのですが、今年は他の潮干狩り場でも一つも採れなかったということもあったと言われていました。もしかしたらダメかもしれないなと思いましたが、3時間ほど頑張ってアサリ、バカガイを中心に思った以上によく採れて、バッカン一杯になりました。

訪れる人が少なかったこともあってか、漁協の方がアサリを採って次々と容器に入れに来てくれるのも助かりました。あっちの方がいるよとか、そこはバカガイばかりだよと優しく教えてくれ、とても雰囲気のいい潮干狩り場でしたね。また来年以降も行ってみたいなと思いました。

帰りの車中、みぃ君はグッスリ。夜は早速アサリのお味噌汁をいただきました。とても美味しかったです。

名古屋から1時間以内、吉田海岸潮干狩り場の地図

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。