残雪期の西穂高岳へテントを背負って登ってきました

北アルプス
Pocket

2018.3.31-4.1

残雪期の西穂高岳へのんびりテントを背負って登ってきました。

初日は一番にテン場に着き、のんびりご飯食べたり読書したり、昼寝したり。

今日は5時過ぎにテントを出発

 

 

早朝の西穂の頂き、楽しかったし、美しかった。

厳冬期は次にお預け。

詳しくは後日書きます。

西穂高岳登山道の様子

丸山→独標までは融雪が進み、岩の露出も所々。独標直下はステップが出来ていますが、この暖かさで昼頃にはグズグズになっていそう。

独標から先も雪庇が脆くなってきていて、トレース通りに行くと危なくなりそう。

高度感は若干ありますが、比較的歩きやすいルートでした。

山頂直下は信州側にルート。直下の直登は弱めのステップが出来ていました。雪はザラザラしていて滑りやすかったです。

今年は雪が消えるのは早いのでしようか。

#西穂高岳#残雪期#登山#雪山#穂高岳#テント泊#西穂山荘#次はどこ行こう#後立山連峰を歩きたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログの読者になる

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,285人の購読者に加わりましょう