注目の赤い鍛造ペグ「エリッゼステーク」~塗装は落ちるか

Pocket

6月18日に書いた「鍛冶屋が作る『赤い鍛造ペグ』~エリッゼステーク」

赤い粉体塗装を施されたソリステと同様の鍛造ペグを購入したとのこの記事へ、塗装が取れないのかなどレポ期待というコメントをいくつかいただきましたので、さっそく昨日試してきました^^
さっそくですが
結果はこちら



場所は愛知県の大高緑地公園デイキャンプ場
一般的な草地で約10回打ち込み、抜き
粉体塗装は一部落ちました^^
しかし、表面の黒い塗装が落ちるのは写真上のソリステも同じ
それも「味」ですし、地面に打ち込まれない部分は相当長期間塗装が残ってくれそうです^^
ちなみに、打ち込み面はこんな感じ

こんばんわ^^
時計の針は12時を回りました~
久しぶりに週末家にいます
今日は研修があり・・・残念^^;
そんなこんなで、珍しく日曜夜中の12時日記~
ではいってみましょう~
オヤスミ前のキャンプ空想日記のお時間です^^
さて、塗装落ちに続き
このエリステのもう一つの売り「楕円形」について
ソリステとの大きな違いが、製造工程でペグを潰して円形でなく、楕円形にしているということ
このことにより、地面の中でクルクル回転しにくくなっているとうたわれています
試してみましょう~
打ちます

抜きます

抜け穴を見ると、その形が両者違うことがよくわかりますし、確かにエリステは楕円形です
そして正直とてもビックリしました
ソリステは地面の中で確かにクルクル回ります
しかし、エリステはとても回りにくい、かといって抜きにくいということはない
ガッチリ地面を掴んでいる感覚はエリステの方があるように感じました
強度について

初回の使用ではタープのガイラインを固定しました
ソリステとの違いは使われる材質が違うということ
これはすぐ目にとまるのではないかと思います
エリステ・・・S45C
ソリステ・・・S55C
Sは「スチール」、Cは炭素の元素記号、数字は炭素が何パーセント含まれているかということ
例えばエリステの「45」は0.45%の炭素を含んでいるとということ
鉄を含め、金属は炭素を多く含むほど硬くなる性質がある
ということは、「硬さ」ということでは、ソリステの方がエリステよりもあるということでしょうか
ちなみに、ビジョンピークスの鍛造ペグ25もソリステと同じS55Cです
この炭素量の違いによる強度が、どれだけの差をうむものなのかは今回は不明です
もしかしたら石ころゴロゴロのサイトなどでは差が生まれるのかもしれませんし、大きな差を生まない程度のものなのかもしれません
このあたりは引き続き使いながら検証するしかありませんね^^
ただ、あまりにも硬い地面ではソリステさえ殉職することがありますからね^^;・・・
使用してみての総評として
エリステはソリステに変わる有力な鍛造ペグの選択肢となると思います^^
何といっても価格がソリステより安く、一本から送料無料で届くというのは嬉しい
さらにスポオソなどでも扱ってくれたら、「20%オフ」などが使えるのですけどね・・・
いかがですか???

どーん
キャンプのいろいろな情報がいっぱいです^^
ハマると抜け出せない沼もいっぱい・・・ポチっとするには覚悟を(笑)
キャンプブログ一覧はこちら
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

関連記事一覧

  • コメント ( 12 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. mayumi

    おはようございます。
    みーパパさんがエリステをUPされてから我が家も、これええかもしれんな~可愛いしと検討してます。
    実際、使用されてるレポも参考になりました。
    ありがとうございます~

  2. Papipapo

    おはようございます。
    かぜっぴきでゴロ寝 ipadから失礼します。^^;
    我が家も購入検討中ですが
    ちょいと雑学です。
    S45Cは最もポピュラーに使用される一般的な炭素鋼で
    焼入れ後の引っ張り強度は 650N/mm2ぐらい
    ただし、一般的と言ってもギア、ジャッキ などに使われ
    非常に強い事が分かります。
    一方、S55Cは炭素鋼でも高炭素鋼になり 強度は780N/mm2と
    さらに強い物になってます。
    但し、少しS45Cに劣る点があります。
    鉄は炭素を加え過ぎると 脆くなり、表面に滑らかさが無くなります。
    これは、炭素と一緒に不純物も混じってしまうからです。
    S55Cは炭素含有量 ギリギリでしょうか。
    この上にS58Cもありますが。
    日本刀の玉鋼はかなり高純度な炭素鋼になります。
    長々と書きましたが 雑学でした。^^;

  3. NY84

    私のブログにコメントありがとうございました。
    最近、話題のペグですね。
    私の地元、新潟の燕三条製なので
    私もちょっと、買いたいと思ってましたが
    ちょうど、いいタイミングでのアップになりましたので
    検討してみたいと思います。
    また、遊びに来させて頂きますので
    これからもよろしくお願いします。

  4. だーのすけ

    こんばんは。
    詳細レポありがとうございます。
    楕円、確かに抜けぬくそうでいいかも。
    色が選べるのはうれしい半面、
    悩みの種でもあります(笑

  5. ぼりびあ

    はじめましてこんにちは。
    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    私も今回の燕三条 気になっておりました。
    今回私のブログにて、UCO蝋燭をマネさせて頂きました。
    無断では申し訳なかったので、こちらであいさつさせて頂きます。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  6. みーパパ

    mayumiさん
    そうですね^^これはいいですよ~多分^^;まだ本格的には使っていませんが、とにかくわかりやすいです
    黒やシルバーyりはずっと地面で目立ちます(*^-^*)
    ぜひおすすめしますよ~

  7. みーパパ

    papipapoさん
    やはりそうですか~これなぜ後発なのに炭素含有量が少ないものにしたんだろうかと思っていたんです
    コストの面はあるんでしょうが、そういう問題があったんですね^^
    これでいいものだということがよくわかりました^^ありがとうございます~

  8. みーパパ

    NY84さん
    最近話題のペグみたいですね^^
    使い勝手はとてもいいと思いましたよ~
    これはとても目立つので無くしにくいと思いました
    こちらもまた訪問させていただきますね^^

  9. みーパパ

    だーのすけさん
    楕円はなかなか思った以上に抜けにくかったです
    かといって抜けにくすぎない
    使いやすかったですよ^^
    ぜひご検討ください~

  10. みーパパ

    ほりぴあさん
    いえいえ、どうぞどうぞ勝手に使ってもらって結構ですよ^^
    ありがとうございます(*^-^*)
    あのキャンドルは私は結構あっさりできたんですが、いろいろ難しいみたいですね^^;
    でも上手にできていていいと思います^^
    またこちらからもお邪魔させていただきますね^^

  11. けん爺

    今晩は。
    いろいろと出てくるもんですね。
    あと2年早かったら・・・。
    でも、何でもいいんです。テント・ターフが飛ばされなかったら。
    ただ、できれば軽いペグがあったらいいなあと思う今日この頃です。
    ソロ用のテントよりもペグ入れが重いんですから・・・(涙)。

  12. みーパパ

    けん爺さん
    2年ですか^^;残念~
    ソリステがすべて殉職した暁には・・・
    軽いペグいくつかありますが、どうでしょうね~
    私はコールマンの赤いジュラルミンペグたまに使いますよ^^