汗だくのリハビリこそ笑顔で^ ^ 交通事故と介護と回復の記録

Pocket

9月6日(火)事故から49日目。
「やっぱり山に登りたい」
リハビリ中、足が治ったら何がしたい?との療法士さんの質問にみーが言っていたと療法士さんが教えてくれた。
あれ?サッカーじゃないの?と思ったら、サッカーはヘディングがあるから今は怖いらしい…^_^;
今日も作業、理学では筋力をつけ、左右の筋力のバランスを整えるために療法士さんと汗だくになりながら頑張る。



左腕の筋トレではメニューが終わったあと、重りを付けた手でもう一度と自主的にトレーニングに頑張っていた。
出来なかった両足を揃えたままでのジャンプでも1mほど飛べるように!昨日までは出来なかった事が突然。
サッカーでは足のバタつきが昨日よりも少なくなり、左右に振られるボールに真剣な表情でくらいついていた。



一つ一つの事が結びついてか、日ごとに駆け足の時の足がスムーズに出るようになってきたことか素人目にもかわる。
まだ足首や左腕の硬さが残るものの、少しずつ少しずつ(u_u)
どうか、後遺障害なく身体が治って欲しい…。
高次脳機能のテストがようやく昨日までに終わり、今日からは国語などの勉強の課題に。
自主的には6年生の課題に挑戦してはいるものの、まず用意していただいたのは4年生の国語の読解問題。
最も心配なのは国語力。完全に単語、言葉が抜けてしまっている様子がある。
表情を見ていると、そのものはわかっても、名前が出てこなくて苦しそうにしている瞬間がよくある。
今日はいくつか解けなかった問題もありながら、約7割の正解。名古屋医療にいた頃には1年〜2年生程の課題をようやく出来るほどだったので、この分野でも少しずつ回復の兆しを感じる。
ただ、疲れもあってか集中力が切れる。
そこが一番の課題だからねとリハ後には再度みーと話し合い。
みーの中にはできる事が日に日に増える希望と共に、頭も身体もなんで前のように戻らないのか、戻るものなのか、学校へ戻れるのかという不安が渦巻いている…今日も夕方には情緒不安定で涙が溢れてしまっていた…。
みーここが頑張りどころ。焦らずに、前を向いて一緒に乗り越えないと。
一ヶ月後にこれを読んだ時、ああこんな時も通ってきたなと笑顔で一緒に見返せるように。
修学旅行まであと14日。
明日は主治医からの家族説明会が開かれる。不安もある…みーも出席する。みーの前で現実も話さないといけない。
メモ
5年生の漢字の勉強をする。
6年生の理科、月の動きについて学ぶ


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。