我が家のアウトドア活動〜迷走しています

DIARY
Pocket

キャンプをやろうと宣言され、始めたのが今から4年前のちょうどGW頃
まだ4年?もう4年?という感じですが、キャンプ歴も5年目に入っています。登山は再開して3年ぐらい。
気づいたら保守的になっていました^^;
ブログランキング・にほんブログ村へ
始めた頃は「あのキャンプ場も行ってみたい」「こっちもいいな~」なんて雑誌を見たりネットを徘徊しながら妄想していたのですが、最近は「あそこに行ってみたい」というキャンプ場選びはあまりしていないな~とふと思いました。
勿論、行ってみたいキャンプ場はあるのですよ〜九州の片添とか、東北のみちのくとか…ただ遠い
山のテン場で行きたい場所は爆発的に増えています^ ^我が家のアウトドアの形も年数を経過する毎に変わっていっているんでしょうね〜
最近は「この山に登るために、近くにキャンプ場はないかな?」という感じの選び方になっているのですが、まだ2歳のみぃ君を連れて本格的な登山ということもなかなかハードルは高く、そういうキャンプ場の選び方を出来る機会は4人が揃って出かけられる年に数回のみ。
この春から超絶多忙部署へ異動になったみーママ。土日も仕事が忙しく、2歳と11歳の子どもを連れてキャンプに行こうと思うと、どうしても近場の「行きつけ」のキャンプ場になる傾向になっている。
これはいかん(笑)
別にいかんわけではないのですが、そもそも我が家は何のためにキャンプを始めたのか…振り返って考えてみると
・家族で出かけて観光などをする時に、宿泊費が安く抑えられそう
・気軽に色々な場所に出かけて、子どもと一緒にアウトドア体験したい
・防災のため
こんな感じでした^ ^安く抑えられそうというのは、すぐにそうでもないと思えましたが(笑)
原点を振り返りながら、GW前半の「おいしいキャンプ場」からの帰り道、「新しいキャンプ場を開拓しよう」と車内で宣言したのでした(笑)唐突過ぎるとその場でも言われました^_^;
そこで?我が家の傾向を少し振り返ってみました。
行き先としては、実は東海地方からもアクセスが良い富士山方面へ出かけることが多かった。
それでもほぼ目的地は決まっており、田貫湖キャンプ場、ふもとっぱら、浩庵キャンプ場に今回の「おいしいキャンプ場」ぐらい。3月には清里丘の高原キャンプ場からも富士山が見えましたね。
富士山方面に無数にあるキャンプ場のほとんどに行ったことがないというのが実態です。
富士山方面へ行くことが多いことから、必然的に岐阜や長野方面など、富士山方面と並んでもう一つのキャンプ場の集中地点にもあまり行っていない。
岐阜で言うと、ひるがの高原キャンプ場や平湯など13ヶ所ほど。長野にいたっては陣馬形山など6ヶ所のみ・・・
この4年間で200泊以上はしているはずなのに、キャンプ場選択の幅のこの狭さ(笑)
薄々感じてはいましたが、子どもが小さいなどの状況の制約もあるとしても、自分のキャンプ場選びは保守的だったのでしょうね^^;
キャンプ場選び傾向としては、あまり手の入りすぎていないキャンプ場が好みだなとは思っています。直火可能とか、舗装路が少ないとか。
ただ、そこにこだわっていると、また選択肢は狭まる一方。
この間は改めて原点に立ち戻り、キャンプ場を起点としての登山、トレッキング、カヤックなどのアウトドア体験。観光などを重視してきたのですが、この路線を暫くは維持していけたらと思いつつ、みーが来春中学生になるとこれもまた変わっていかざるをえないだろうなと〜まあこれは家族の生活の形が変わるのであって仕方がない。
色々と考えるともう迷走は止まりません〜とにかく目の前、この一瞬を精一杯(笑)
子どもとの時間は思っている以上に短いなと感じている今日この頃。
ただ外でみんなで一緒に食べて寝て…ただこれだけでもキャンプってなぜだか楽しい。5年目に入り、そんな原点を少し新鮮に感じられるようになりたいな。
今週末もみーママは仕事。3人でどう過ごすか、ただいま絶賛迷走中・・・天気は悪くなさそう・・・ただ満月に近く星は見えない・・・ん~迷走中(笑)
ところで一気に話は変わりますが、「コッコ・マッカラ」って知っていますか?
今年は5月21日が「オートキャンプの日」ということで、全国63のキャンプ場で「コッコ・マッカラ」を楽しめるらしい。

イメージ画像
以下オートキャンプ協会HPより
「コッコマッカラ」はフィンランドの伝統的な料理法で 「コッコ」とは焚火のことで「マッカラ」はソーセージの意味。毎年夏至祭では、長い冬を終えて迎えた夏に、一日中太陽の光を浴びながら焚き火でソーセージを焼いて食べるのがフィンランドの伝統。
今年のオートキャンプの日はニッポンハムの協賛により、キャンプ場でニッポンハムのソーセージ「森の薫り」を使ってコッコマッカラが体験できる。
 当日はコッコマッカラの体験に加え、コッコマッカラの様子を「#mori_kokko」をつけて、自分のフェイスブックやツイッターに掲載すると先着で、「森の薫り」のキャラクター、ムーミンのランチョンマットをプレゼント。

実はみぃ君はムーミン好き^^これはいいかも~と思い、63会場を見てみると・・・ん~どこも結構料金高いところね~(笑)
でも、楽しそうだし交流にもなりそう。こういう機会も使って、選択肢の幅を広げてみたいと思ったりしましたが、今回はパスかな^_^;
以前はオートキャンプの日はサイト料半額サービスとかありましたけどね〜
コッコマッカラが体験できるキャンプ場
■北海道
オホーツク公園オートキャンプ場てんとらんど
オートリゾート滝野
■岩手県
岩洞湖家族旅行村キャンプ場
■福島県
羽鳥湖高原レジーナの森 コールマンキャンプグランド゙
桧原西湖畔オートキャンプ場
ふくしま県民の森 フォレストパークあだたら
ACNあぶくまキャンプランド
■茨城県
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
霞ヶ浦温泉ラクスマリーナキャンプ場
石岡市つくばねオートキャンプ場
■群馬県
ファミリーオートキャンプ場そうり
赤城山オートキャンプ場
猿ヶ京温泉 湯島オートキャンプ場
グリーンパークふきわれ
桐の木平キャンプ場
■埼玉県
ケニーズ・ファミリー・ビレッジ
■千葉県
有野実苑オートキャンプ場
九十九里浜シーサイドオートキャンプ場
■神奈川県
ウェルキャンプ
BOSCO Auto Camp Base
■新潟県
長岡市和島オートキャンプ場
長岡市川口運動公園オートキャンプ場
■富山県
朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場
■福井県
赤礁崎オートキャンプ場
■山梨県
大武川河川公園フレンドパークむかわ
Foresters Village Kobitto
■長野県
ライジングフィールド軽井沢
青木湖キャンプ場&アドベンチャークラブ
■岐阜県
奥飛騨温泉郷オートキャンプ場
NEO キャンピングパーク
福岡ローマン渓谷オートキャンプ場
AUTO CAMPING TACランドいたどり
中川原キャンプ場
■静岡県
西伊豆オートキャンプ場
オートキャンピング村アドベンチャーファミリー
竜洋海洋公園オートキャンプ場
伊豆今井浜オートキャンプ場
■愛知県
とよねランドオートキャンプ村
■三重県
ヒストリーパーク塚原オートキャンプ場
キャンプ inn 海山
OKオートキャンプ場
志摩オートキャンプ場
■滋賀県
白浜荘オートキャンプ場
十二坊温泉オートキャンプ場
マイアミ浜オートキャンプ場
■兵庫県
しあわせの村オートキャンプ場
湯の原温泉オートキャンプ場
■岡山県
チロリン村キャンプグランド
たけべの森公園キャンプ場
大佐山オートキャンプ場
津黒高原キャンプ場
経ヶ丸オートキャンプ場
■山口県
ふれあいパーク大原湖
冠山総合公園オートキャンプ場
秋吉台家族旅行村オートキャンプ場
秋吉台オートキャンプ場
らかん高原オートキャンプ場
■香川県
ホッ!とステイまんのう
■高知県
オートキャンプ場とまろっと
■大分県
くじゅうやまなみキャンプ村
■宮崎県
ひなもりオートキャンプ場
■鹿児島県
オートキャンプ森のかわなべ
霧島高原国民休養地

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 8 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. u10

    > ・家族で出かけて観光などをする時に、宿泊費が安く抑えられそう
    これ幻想ですよね(笑)
    キャンプはもちろん、山も川も、遊ぶための道具が高かったりして、なかなかですw
    物欲も尽きないしww
    我が家はキャンプが目的から手段化しつつあって、家族でハイキングや観光などがメインで、キャンプは寝泊まりするだけになりつつあります。料理も装備も質素ですw
    とはいえ、小さい子供はテントで寝たり焚き火が好きだったりしますので
    どこでもいいってわけでもなくて(笑)
    子供が楽しめそうなところを探しつつ、できるだけ同じ場所に行かないように開拓してますが、この先どこまで可能かわかりませんw
    本当、スタイルも目的も変わってきますよね。
    ただ、子供と遊べる時間は短いというのは真実かなって。
    > とにかく目の前、この一瞬を精一杯(笑)
    同感です。
    前日にあれこれ調べてるのが我が家の現実ですw
    みーパパ家の動向、興味深く眺めてますね^^

  2. ちびまま

    こんにちは~
    たしか福岡ローマンなら、オートキャンプの日はサイト料金半額だったはずですよ♪
    変わってなければの話ですが(^_^;)
    うちも最近いきつけのキャンプ場ばかり行ってるので、今年は新規開拓して行く予定です♪
    良いキャンプ場が見つかると良いですね~

  3. まろぱぱ

    岐阜の中川原キャンプ場は料金安くて良いキャンプ場ですよ。
    近くに温泉もあるし。
    日本一の滝の町だそうで小坂の滝巡りも面白いですよ。
    ガイドが必要な本格的なコースから階段と散策路が整備されている簡単なコースまで色々あるようです。

  4. SF

    こんばんわ〜
    4年でそれ程の経験なら凄いと思いますよ〜(^ ^)
    我が家も迷走爆走中です(T_T)

  5. みーパパ

    u10さん
    こんばんわ^^u10さんのところは我が家が目指す一つの理想形でもありますよ^^いつも注目しています。
    我が家もキャンプは目的ではなく手段となっています。ただ、オートで行ける場所では出来るだけ快適にとも思っており、ヒルバーグ関係の幕は重宝していますね~
    観光、登山、ハイキング~そもそもはそのベースキャンプという考え方で行こうと思っています^^が、子どもの年齢が一番の課題でしょうね~
    無理に親の考えを押し付けても仕方ないので、本人がやってみたいな楽しいなと思えるアクティビティを一緒に見つけていけたらいいなと思っています。まずは今年奥穂ですね~達成感を味わってみたいようで^^
    我が家も興味深く拝見していますからね^^お互い頑張りましょ~(笑)

  6. みーパパ

    ちびままさん
    オートキャンプの日には福岡ローマンを使ったことあります。が、今年はHPには記載がなかったようですね~辞めたのかもしれません。
    色々行きたい場所はあるのですが、全体的に山の方面へ触手が伸びている感じですね^^;

  7. みーパパ

    まろぱぱさん
    情報ありがとうございます^^ありがたいです~見たら御獄の近くなんですね~登れるのであれば魅力的な場所ですが・・・残念。でも夏でも川原で楽しそうですね^^
    是非一度訪れてみようかとおもいました^^またあれば教えてください

  8. みーパパ

    SFさん
    迷走しまくりです(笑)ただ、その時その時に合わせていくしかないですよね~^^;

ブログの読者になる

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,262人の購読者に加わりましょう