復活!「アトラス」 ヒルバーグ幕の補修備忘録

Pocket


冬の大型シェルター
ヒルバーグ「アトラス」
絶妙なサイズ感で設営も楽
冬には欠かせない幕となっていますが

元旦に武井バーナーと接触して大きな穴が開いてしまいましたので、補修を行うことにしました
ブログランキング・にほんブログ村へ
週末の土曜日、今日は朝から仕事です
明日も仕事になってしまうかもしれない^^;ん~
いい感じに寒気が入っているかもしれないというのに・・・
仕方ありませんね(__)
さてアトラスの補修
準備したのは二つ
一つ目は補修布
OMM アウトドアマテリアルアートさん
シルナイロン レッド
SilNylon / シルナイロン
1.1oz/yd(=37.3g/平米)、30デニールのリップストップ・ナイロンにシリコンを両面コーティングかつ染み込ませたもの。コーティング後の重さは約1.3oz/yd=(44g/平米)。非常に軽量で強度のある素材です。また、表面が非常に滑らかで高い防水性があります。シルナイロンは他の防水素材の様にコーティングが片面だけだったり、表面だけにとどまるのとは異なり、両面コーティングでかつ繊維に染み込んでいるので非常にしなやかで平滑性があり防水性が長期間持続します。
OMMさんにはヒルバーグ幕の補修に必要なシルナイロン生地を始め、多くの他の幕でも使われいてるリップストップナイロン各色などが多数揃っていて、この分野では非常にありがたい存在^^
1.53m幅×1ⅿ 1,800円
支払いはPayPal
対応も早くて2日後には到着していました
もう一つは接着剤
シルナイロンを接着するための特別な接着剤
McNETT SILNET/マックネット シルネット 1050円

シリコンでコートされた素材を目止め・接着できる唯一のシーラーです。
温度の高低にも影響を受けません。
シリコンナイロン製のテントやタープの目止め防水にご使用ください。
チューブから直接出して使うか、刷毛を使って塗る事をメーカーは推奨していますが
塗る面をアルコールなどで拭いて脱脂後 少しシンナーで薄めて塗るととても塗りやすく綺麗に仕上がります。
 ※ この商品はパッケージされていません。
 ※ 使用量の目安は1チューブで二人用テント1張りです。
内容量 42.5g
成分 シリコン 80% / シリカ 15% / シラン 5%
2つで3000円弱
補修はキャンプ場で行いました

幕を張った後にまずはアルコールスプレーで補修場所周辺を綺麗にします

生地を穴の大きさに合わせて切ります
角は丸めて切っておくといいかと思いますね

裏側からパッチを貼り付け
これはなくてもいいと思いますが、補修する際の仮止めが出来ればいいのかな~
ホームセンターなどで手に入る養生テープなんかでもいいと思います

シルネット登場
フリーライトさんは1月11日から長期の休みに入ったのですが、直前に無理言って特急便で送っていただきました^^
感謝です

かなりベトベト濃いですね~
今回はそのままを刷毛を使って塗ります
説明には薄めて塗ると綺麗に出来るともありましたが、気温にもよるかもしれません
極々簡単に塗ることができました

目立つかもしれませんが、色目もほぼ合っていて満足^^
乾燥まで丸1日かかると言われているので
一泊キャンプの設営後にすぐに補修しました
一晩おいて、翌日にはしっかり接着剤も固まり
これでアトラスの補修は完了
とても簡単にできたヒルバーグ幕の補修^^
大きな穴の場合の補修はこのようにやるということでいいかと思いますが
小さな穴や切り傷程度ならシルネットを直接塗り付けることで解決しそうです

Instagram

新着のキャンプブログ、様々なスタイルのアウトドアの世界への入り口
キャンプブログ一覧はこちらからどうぞ

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も読まれています

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. たいちち

    思ったより簡単に且つ、きれいにできましたねー
    困っている人には参考になるのではないでしょうか。
    たいちち

  2. みーパパ

    たいちちさん
    そうですね(^_^)思ったよりも簡単でした〜大変なのは材料を揃えることですかね〜シルナイロンの特性上
    今後は耐久性のテストになりますが、またご報告しますね