NEMO「テンサー20S」夏山で活躍してくれることを期待して

MOUNTAIN GEAR
Pocket


夏用の軽量テントマットとして、NEMOの「テンサー20S」を手にしてみた^^
色も形もまるで小判^^
ちょっと可愛らしいです(笑)
折角なので、他のマットと並べてみました

下からテンサー20S、中央サーマレストネオエアー、上エクスペドダウンマットライト5
マットも色々です^^季節や目的地に合わせて使い分けです
ブログランキング・にほんブログ村へ
お願いm(_ _)m
当ブログの画像容量、おかげさまでピンチを脱し、現在5800MBを確保させていただきました^^
引き続きこのリンクから、当ブログを読んでいただいている方がナチュログへ会員登録(無料)していただけると、運営から300MB追加されるのでとても嬉しいです^^;




写真右端
我が家のマットの定番としてはエクスペドの「ダウンマットライト5」
マットの内部に「ダウン」を封入することで、身体からの熱をダウンが吸収し温かさを保つとともに、地面からの冷気も防ぐというもの
雪の上でも冷たさを感じないほどで、その寝心地の良さは一度横になると手放せなくなる(^^)/愛用しています
ただ、このダウンマットをみーと2人分背負うと、合わせて1.2kg以上に・・・若干重い^^;いやかなり重い^^;
それと、生地も厚いものを使っているのでサイズも大きいのです
夏山で使うにはかなりオーバースペック^^;ただ、安定感は抜群ですからとてもおススメのマットです

写真右の黒い袋はサーマレストの「ネオエアー」(現在は廃盤?)
こちらは実測で220gほどの軽量マット
10月の北アルプスあたりでも問題なく使えましたが、若干幅が狭い~なので軽いのでしょうね
1人だけならこれで十分なのですが、夏山のみーとの登山に備え、もう一つ軽量のマットをと考え、今回の選択になりました
ではではNEMO テンサー20Sについて
重量:240g →実測では260gほどでした
幅:51cm 長さ:122cm 厚さ:約7.5cm
収納サイズ:20x φ 6
素材:20D ポリエステル
初めての「NEMO」です
計量山岳テントなどですでに有名ですよね^^
ロゴ好きです(笑)


スタッフサックはマットに比して大きめですね~

ベルクロのコンプレッションが付いています

スタッフサックにはうち袋が縫い付けられてあり、リペアキットが付属しています

空気を送りこんで膨らませます
バルブは押し込むと「パチッ」と音がして仮止め。さらに時計回りに回すと確実に止まります
このあたりの仕組みはとても簡単

厚みは7センチぐらいですね

内部にはフィルムが一層あり、地面からの冷気を防ぐ役割をしています

サイズは小さいのですぐに膨らみます

寝ると膝から下はマットからはみ出ます。そこはザックをマット代わりに


テンサー20Sはサーマレストのネオエアーと比べても横幅が若干広いのがわかります
ネオエアーは少し幅が狭かったので、この点はありがたい
さらに、テンサーは両サイドのバッフルが少し厚めになっています

寝返りをうった時にズレないようにですね
テンサーとネオエアー二つを合わせても合計で500g未満
ダウンマット一つ分よりもずっと軽くなりました^^
もう歳ですからね^^;(笑)軽さは神です
体力不足をこうやってカバーすることで、長く山を楽しめるようになるといいのですが(^O^)/
最後は自虐で^^;

早く使ってみたいです^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. spl

    購入を検討していたところでした!
    詳しいレポありがとうございます!
    とても参考になりました!

ブログの読者になる

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,285人の購読者に加わりましょう