お帰りなさい~入院先からの修学旅行 交通事故と介護と回復の記録

Pocket

9月22日(木)事故から65日目。
おかえりー^ ^



で迎えたみーは一言「楽しすぎた!」
笑顔が全てを物語っていた。



これまでも何度か京都、奈良には旅行で行った事があるものの、友達と行くのは格別。
「やっぱり僕は五重の塔が好きだなー!」「金閣寺あんなに金色に光ってたかな??」「七味唐辛子の調合面白かった!お茶に混ぜて飲んだら美味しかったな〜」「正倉院見れたよ!校倉造だよ」「夜は日が変わるまで皆んなで恋バナした(笑)」…それとそれと〜
みぃ君の保育園にお迎えに行きながら、お土産話が機関銃のように出続ける^ ^
こんなに饒舌なみーはあまり見た事がない。とっても楽しかったんだろうね。



「みーくんはりょこうにいったの?」とみぃ君。行きたいの?と聞くと、パパとママとみー君がいないといやらしい(笑)
そんなことを言っていても、あっという間に大きくなって、いつか2人とも親元を離れて行くんだろうな〜^ ^



お土産とパンフ。パンフは雨でボロボロに。それでも、見学で感じたことを色々とメモしてあった。
修学旅行お疲れ様でした^ ^
京都、奈良の一泊修学旅行。
6年生の最大の楽しみであろうこのイベント?無事に参加出来て本当にホッとした。
事故後初めて屋外の長距離を歩くことになるため、リハビリでも階段を毎日上り下りし、体力作りには取り組んできたものの、左足首の痙攣で「階段がまだ怖い」と言っていた。
病院からも疲れやすさと転倒、発作だけは注意してほしいと言われての参加だったけれど、東大寺大仏殿前の石段などは友達達が手を繋いで歩いてくれたらしい。
結果としては「階段少し自信ついたよ(^^)」と本人も言うように、皆んなに付き添ってもらいながらのとてもいいリハビリになったように思う。
病院から参加した修学旅行、台風の中での修学旅行、皆んなに支えてもらって参加出来た修学旅行。一生の思い出になったはず^ ^良かったね。
私はというと、みーの保険証を携えて、何かあったときのために近くで待機。
実は私自身、小学校の修学旅行に病気で参加出来なかった過去がある^^;
今回は何十年ぶりかの1人修学旅行気分となった。
1日目は先回りして最初の三十三間堂で待つ。



10年ぶりぐらいで拝観したけれど、踏み入れた途端に圧倒された。
以前訪れた時よりも感慨深く拝見することが出来たのは、みーの事故があったからだとおもう。
みぃ君のために交通安全の「子ども守り」を買い求めた。
その後いつまで待ってもバスが到着しない。
後からわかったが、昼から雨風が強まる天気予報のため行程を変更していたらしい。
そうとも知らずに清水寺、二条城と回るが、二条城に着いた頃はあまりの雨で車から出ることも出来ないほどだった^^;子ども達冷えてないかな〜と心配したが、先生達が付いてるし大丈夫だね(^^)みーには山用のレインウェアを持たせておいた。
帰ってから聞くと、持って行って良かったらしい。




夜はお酒を我慢しつつ、京都の料理を一人いただいた。
2日目は曇り空から次第に青空も。
京都から奈良に移動し、まずは東大寺。大仏だ。みーが小学校に入った頃?3人で来た記憶が蘇る。
鹿を見て走っていたっけ…







先回りし、子ども達が大仏殿に入ってくるのを影から見ながらそっと反対側から抜け出す。
奈良公園の中を散策し、抹茶をいただいた。




いるのは修学旅行の小中学生か外国からの観光客ぐらい。それでも平日だからか、静かに奈良の雰囲気を味わった。
法隆寺では茶店の中から子ども達が並んで歩く姿を確認^ ^何だか探偵みたい(笑)みんなちゃんとしていて凄いな〜色々な学校の生徒が歩いて行くけれど、一番まとまっていた。



無事見つかることなく、そして自分が行くことが出来なかった修学旅行を数十年ぶりに味わうことが出来た。
疲れたけれども、楽しい二日間だった。
みーに感謝しないといけないのかもしれない^ ^
ありがとう。
みーは今日また病院へ帰る。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も書いています

  • コメント ( 6 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. だいず

    初めてコメントさせていただきます
    ここまで来れて、我が子の事の様に嬉しく思い涙が溢れました
    本当に良かったですね(*^^*)
    事故と言う重荷と引き換えに、すばらしい友達に恵まれ、人に出会い、一生の宝を得た事と思います

  2. cafeのTさん

    こんにちは。そしてお帰りなさい!(^^)!
    みー君、無事に修学旅行へ行けて良かったですね。
    しかもとても楽しまれたみたいで何よりです。
    普段のリハビリとは違って、子供達通しの触れ合いや、やり取りは、
    良い刺激になるんですね。
    みーパパさんも負けないぐらい楽しまれたみたいで羨ましい限りです。
    京都・奈良は年取ってからが良いんですよね(^o^)

  3. はまママ

    みーくん、おかえりなさい。シワシワのしおりが楽しかった旅行を物語っていますね。本当によかった。

  4. レフア

    みー君、修学旅行に行けて本当に良かったですねー!
    みー君の頑張りを垣間見てきただけに私も感無量です。
    みー君、お疲れ様です。
    様々な心配もあったかと思いますが
    修学旅行にひっそり同行するなんて
    普通は出来ない体験ですねぇー。
    みーパパさんもお疲れ様でした。
    修学旅行と言う一つの目標をクリア出来た後は
    復学へ向けての歩みですね!
    じっくり焦らず、一歩一歩、歩んで行って下さいませ。

  5. 7e

    おはようございます、そしてみーくんおかえりなさい!
    久しぶりにみーパパさんのブログを拝見したら、みーくんの事故のことが載っていて・・そこからずっと見守らせて頂いていました。
    修学旅行に参加出来て本当に良かった!
    良いお友達にも恵まれて本当に良かった!!
    本当に嬉しくてコメントしてしまいました。

  6. ぺんで

    キャンプを始めてからずっと読者の一人でしたが、
    みー君の事故には、とても言い表せないような衝撃を受けました。
    うちにも小3の男の子がいるので、とても他人事とは思えず・・・
    いろいろ辛い思いをされた2か月だったと思いますが、
    その間、ブログ更新をして頂いたこと、感謝しています。
    息子もヘルメットをキチンとかぶる習慣が付きました。
    そして今は、みー君がとうとう学校に復帰して修学旅行に参加出来た事を
    神様か何かに感謝したい気持ちでいっぱいです!
    これからも、ずっと応援しています!(^^