いつか きっと 交通事故と介護と回復の記録

Pocket

8月27日(土)事故から39日目。
今日は転院前最後の外泊許可が出た。
みー病院へ迎えに行くが、朝、ボーッとしていたのか地下鉄の駅を一駅乗り過ごしてしまった。
歩いて病院の最寄駅へ戻る。
今にも雨が降り出しそうな空。蒸し暑いが、徐々に秋なのだろう、少し涼しさも感じる。
病院へ着くと、みーは朝の検温を終え朝食を食べ始めるところだった。
「おはよー」
今朝はとても調子が良さそう^ ^
夜通し苦しみ、もがきまわっていたのがつい最近まであったなんて信じられない(u_u)
みぃ君を保育園に送り、みーママが車を病院に届けてくれた^ ^ママは職場へ。
転院に向けて少し荷物を整理し、11時過ぎに自宅に帰る。
昼ごはんを食べてから自宅付近をリハビリがてら歩くことにした。



「生まれ変わったような感じ」
歩きながらみーがポツリと、でもとても嬉しそうに言ってきた。
全ての物が何となく見たことがあるけれど、ハッキリとは覚えていなくて、でも不安というのではなく、とても新鮮に目に映るという。
この2週間、一時帰宅や外泊をしてきたけれど、今回は明らかに反応が違う^ ^
1度目は家の中でしかいられなかったし、言葉も表情もごくわずかだった。
2度目は外には出れたけど、周りを眺めるような余裕はなかったようにおもう。
ようやく周りに目を向けられるだけの余裕が出来てきたのだろうか。
脳の機能の回復にともない、みーは少しずつ元の自分を取り戻してきてくれている。
通い慣れた通学路を通り、小学校へ。
インターホンを鳴らしたけれど、夏休みの土曜日、残念ながら応答はなく入れなかった。
それでもみーは学校へ来れたことがとても嬉しかったようで、笑顔でいっぱい。
リハビリを頑張って、一日も早く学校に戻れるといいね~
9月20日~21日には修学旅行が予定されている。転院先病院との相談になるのだが、何とか行かせてあげれたら・・・。
みーも気にし始めている。
久し振りに遊び慣れた公園へも。



「暑い!」とみー。
この夏は汗を全くかいていないな〜。汗が出るような環境ではなかったので、仕方がないけれど、夏を全く感じていない。
暑いけれど、雨の降った後のブヨブヨした公園の土の感触が久しぶりで気持ちいいと。
途中、同級生の友達と出会う。
みーが大きな声で友達の声を呼ぶ。呼ばれた方がビックリしていた(笑)
ごく普通の光景がとても嬉しい。
しばらく歩いてから家に戻ると、さっきの友達がさらに友達に声をかけてくれたようで、2人が家の前で待っていてくれた^ ^
みーは何だか何もなかったかのように「遊ぼうー」と^ ^
夕方まで出たり入ったりと家では中学生になったお兄ちゃんや、下級生も含めてお友達がたくさん遊びに来てくれた(u_u)みーはケラケラよく笑い、中学生のお兄ちゃんが陸上部に入ったという話を聞くと、「僕も走るの好き」と中学に入ったら陸上部に入ると約束していた^ ^
またきっと走れるようになるかな(u_u)その時が楽しみだね〜
カードゲームに将棋に囲碁と沢山遊び、結局6時過ぎまで目一杯^ ^友達や年上のお兄さんの存在はみーの宝物。これからのみーには中学生のお兄ちゃんの存在は、「こんな風になりたい」という憧れになり、気持ちの支えになってくれるかもしれない(u_u)本当にありがとう。
保育園へ久しぶりに迎えに行き、2人で晩御飯の買い物へ^ ^



「みーくんかえってきてるの?」「いちじきたく?」ととっても嬉しそうにするみぃ君。
みーもこれまで以上にみぃ君の存在が視界に入るのか、ギューっと抱きしめてくれる。



みぃ君は一緒にパズルがしたいとみー君におねだり(u_u)いいリハビリになるね。



晩御飯を4人で食べて、男3人でお風呂に^ ^キャッキャ言って楽しんだ。
歩くとき、立ち上がるとき、どうしてもフラついたり、ユックリ動かないと怖そうだけれど、いつかきっと事故を気にすることなく暮らせるようになるのかな(u_u)
そのためにも、もう少しリハビリ頑張らないとね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

こんな記事も読まれています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。