「TRAMPIN’」 心に残る山旅入門

Pocket

『TRAMPIN’』
「心に残る山旅入門」を楽しく読んでいます~と言っても仕事が忙しくてまだペラペラめくる程度なのですが^^;

雑誌の名前は知っていましたが、ちょっと山に興味あるな~という方にも、いよいよ春山~夏山どこに行こうかな?という方にも楽しめ、参考になる雑誌だなと思いました
購入のきっかけは、いつも山行の参考にさせていただいている^^;u10さんのブログを見て
ブログランキング・にほんブログ村へ
今朝の名古屋はいい風が吹いていました
まだ日の昇る5時台に街を歩いて出勤したのですが、夜空から朝に変わろうとする青い空がとても綺麗で、強い風がとても心地よかったです
まだ冷たさが残るものの、確実に春を感じますね
そして、近くの百名山「伊吹山」のご来光時間も6時台前半まで早まってきました~いよいよ仕事前のナイトハイクシーズンも到来です(笑)
6時ぐらいのご来光を山頂で見て、下山すれば、8時台に自宅に戻れるので出勤が可能^^
今週末は土日とも仕事になりそう・・・出勤前に登ってこようかしら~
そうそう、ナチュログの記事テーマに「子どもと登山」が加わりましたね~いいと思います^^偶然ですが、今回はそれに関わる内容です

『TRAMPIN’』心に残る山旅入門
書店で見かけたことはあったものの、今まで購入したことはありませんでした
こちら、9月よりワンテーマMOOK本に生まれ変わったそうです
そしてその3冊目がこの「心に残る山旅入門」
初級~中級者向けに「登山の基本」を紹介するというテーマらしいです
山の雑誌にはいくつかありますが、どちらかというと山に興味を持ち、初めて手にするには重い感じがあります
※個人的見解です^^
それぞれの雑誌が春先などには登山導入特集などが組まれるのですが、どうしてもページ数は限られる
その点、割り切ってワンテーマで出してもらえると手に取りやすいですね^^
さらに、読んでみると山行記事が8本、山域やスタイルもバリエーションが豊富で面白いなと思いました^^
アルプス山域の紹介には人気の北ア涸沢から奥穂高岳などの定番の紹介もありますが、マイナーと言ってもいい南ア残雪期「笊ケ岳」の縦走記事とかも珍しいなと~決して初級者向きとかではないと思いますが^^;

お約束の「装備」「歩き方」などのページもかなり詳しく解説してくれていて面白い


登山って間違いなくかなりハードなスポーツだと思いますが、「歩く」という点でいうと基本は誰でも出来る
特別な技術や経験を積むまでは面白さを感じられないという世界ではなく、「歩く」ことだけで楽しみを見つけることが出来るという点ではかなり間口の広いスポーツだなと思います
無理をしなければ健康にもいいですしね^^
そして、u10さんも協力されたというこちらは改めて参考にさせてもらいました^^


子どもと一緒に歩く!
「どうやって子どもを登山に誘う」(笑)
面白いテーマです
我が家の場合は乗鞍岳でしたね~夏のキャンプのついでに登ったのが始まりです~長男は小3でした
多分子どもは登山好きです
ジャングルジムみたいなところもあるし、気持ちいいし、歩き続けることで次はどこに登ってみたいとか目標も作りやすい
我が家も長男みーと3年前から登山をちょこちょこ始めていますが、徐々に長男も行きたい山が広がっているようです
今は毎日のように「今度はどこに登る?」なんて会話をしています
彼の現在の行きたい山としては尾瀬の燧ヶ岳、至仏山、昨年敗退した北アルプスの奥穂高岳、そしてシンボリックな槍ヶ岳などの名前が上がってきます
私は今年は長男と昨年チャンスがなかった白馬岳、昨年諦めた仙丈ヶ岳、もし可能ならば表銀座縦走路あたりを一緒に歩いてみたいなと思っているのですが・・・
一応我が家のルールでは雪山はまだ長男は禁止ということになっています^^;みーママが許してくれません
2歳のみぃ君でいうと、雑誌にも取り上げられているように、2500m以下の山に限定しています
以前にも聞いたことがありますが、幼児の高所登山は脳の発育にもあまりいい影響がないということがかなり解明されてきたようですね
もう少ししたらu10さんのようにお子さんとの雪山歩きなど楽しめるかなと思っているのですが、そういう意味でもu10さんは子連れ登山ではいつも参考にさせてもらっている方の一人なのです^^当ブログ初期からの交流もあり勝手に頼りにさせていただいています
お子さんの具合が少し良くないということ、回復を祈っていますm(_ _)m
さて、話は戻りまして長男みー
先日図工の時間で版画に取り組んだそうです
帰宅するとテーブルに作品が置いてありました
こちら

ん?

こ、これは・・・夢枕獏さんの「神々の頂」
いよいよ3月12日公開ですね映画~最近本を読んでいました

本当に行きたい山はエヴェレストらしいですが^^;それにしても直線彫りばかりの「本」を選ぶとは・・・あざといな|д゚)

トランピン(vol.26)

トランピン(vol.26)
価格:1,728円(税込、送料込)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみーパパをフォローしよう!

Pocket

関連記事一覧

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. u10

    何度か登ってしまえば、次はどこに行きたいとか、何を見たいとか
    子供の方からどんどん要望が出てきますよね〜
    最初のきっかけがとても重要だったりしますが
    ジャングルジム的要素や冒険要素があると、子供ってワクワクついてきますよね。どう楽しませるかは親次第の部分も多少ありますが、子供は山が好きだと勝手に思ってますw。もちろん人によりますけどね^^;;
    我が家はもうちょっとだけお休みですが
    みーパパさんと長男くんの山行、楽しみしてますね〜
    今年はどこかでお会いできるかもしれませんし、都合あえばご一緒したいですね。
    仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳、尾瀬の2座、槍は我が家も計画しております^^
    表銀座、とても良いところなのでオススメです。

  2. みーパパ

    u10さん
    ありがとうございます^ ^そして、息子さんの1日も早い復帰を心待ちにしています
    子どもは遊ぶのが大好きですよね〜山は遊びの宝庫だと思います。冒険心も満足できますしね〜目標が見つけやすいのもいいようです^_^エベレストとか言われるとお金の心配しちゃいますが(笑)
    今年はどこかでお会いできたらなと思います〜機会があれば是非ご一緒させてください^ ^遠征しますので〜というか、それを口実にして遠征できるので(笑)